Windows10:「エクスペリエンスインデックス」でマシン性能を計測する

Windows7を利用されていた方はご存知かもしれませんが、Windows7にはシステム評価ツールとして「Windows エクスペリエンスインデックス」というベンチマーク機能がありました。

当時、AeroなどWindows7の新機能を快適に動作させるためにはそれなりのPCスペックが必要だったことから、「Windows エクスペリエンスインデックス」を使用して、快適動作に必要なスコアと自分のPCのスコアを比較していたと記憶しています。

ですが、Windows8以降はグラフィカルな機能も少なくなり、ハードウェアの性能向上などもあり、この機能を使う機会もめっきりなくなっていました。しかし、この機能はなくなったわけではなく、Windows10にもしっかりと搭載されています。

そこで、簡単ではありますがWindows10で「Windows エクスペリエンスインデックス」を実行する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

項目
OS Windows10 Professional 64bit バージョン1809

実行方法

「スタートメニュー」から「Windows PowerShell」フォルダーを開き「Windows PowerShell」を右クリック、メニューから「管理者として実行する」をクリックします。

コマンド「winsat formal」を実行すると計測が開始され、画面上に計測結果が順次表示されます。実行中はPC操作せずに待ちましょう。

計測コマンドの実行が終了したら、続けてコマンド「Get-CimInstance Win32_WinSAT」を実行し、画面上に結果スコアを表示します。

項目名 説明
CPUScore プロセッサのスコア
D3DScore ゲーム用グラフィックスのスコア
※Windows10では計測されないようです。
DiskScore プライマリハードディスクのスコア
GraphicsScore グラフィックスのスコア
MemoryScore メモリのスコア

以上で完了です。

まとめ

Windows10時代では、ハードウェアの性能がOSを追い越しているので、OSの快適動作に必要なハードウェアスペックを計測する必要性は薄れました。ベースとなるスコア情報もネット上でもほとんど見かけません。

ただ、マシンの性能差を比較したいときなどにこの機能を利用すれば、簡単に数値として比較できることは、特にビジネス面で役立つのではないでしょうか。

スポンサーリンク