Windows10:ファイルを削除する前に確認ダイアログを表示する方法

Windows10では、エクスプローラーでフォルダーやファイルを削除するときに確認ダイアログが表示されず、ごみ箱に移動されてしまいます。ファイルがなくなるわけではないのでこのままでも特に問題はないのですが、以前のWindowsのようにワンクッション欲しい時があります。

そこで、Windows7のときと同じようにフォルダーやファイルを削除するときに確認ダイアログが表示されるようにする方法を紹介します。

確認ダイアログについて

Windows 10では、デフォルトの設定でフォルダーやファイルを削除するときに下のような確認ダイアログが表示されません。

通常であれば、フォルダーやファイルを削除してもごみ箱に移動されるだけで、いつでも元に戻すことができるので特に問題はありませんが、いつも[Shift]+[Del]キーでフォルダーやファイルを完全削除している場合、うっかり[Shift]+[Del]キーで意図しないフォルダーやファイルを完全削除してしまう危険があります。

Memo

Windows7のデフォルト設定では、ファイルやフォルダをエクスプローラで削除するときに確認ダイアログが表示されるようになっていました。

そこで、Windows10でもWindows7と同じようにフォルダーやファイルを削除するときに確認ダイアログを表示するように設定することで、ついうっかりを防ぐことができます。

手順

エクスプローラーから設定する方法と「ごみ箱のプロパティ」で設定する方法がありますが、ここでは「ごみ箱のプロパティ」から設定する方法を紹介します。

デスクトップの「ごみ箱」アイコンを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択します。

「ごみ箱のプロパティ」ダイアログが開くので「削除の確認メッセージを表示する」にチェックを入れ「OK」ボタンをクリックします。

これで、フォルダーやファイルを削除するときに下の画像のように確認ダイアログが表示されるようになります。

 

おまけ

ちなみに、エクスプローラーから設定する場合は、「ホーム」リボンを開き「削除」のプルダウンリストから「削除の確認の表示」を選択することで、確認ダイアログが表示されるようになります。

なお、エクスプローラーで設定しても「ごみ箱のプロパティ」で設定しても、双方に設定は反映されます。

まとめ

ちょっとした設定ですが、Windows10をより快適に利用するために覚えておきたい設定方法です。

スポンサーリンク