Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

Windows環境で、リソースの使用状況や実行されているプログラムを確認するときに必ず起動するといっても過言ではない「タスクマネージャー」ですが、Windows11では、Windows10までと異なりタスクバーを右クリックしても、メニューに「タスクマネージャー」の項目がありません。

また、Windows10ではスタートメニューの「すべてのアプリ」>「Windowsシステムツール」にタスクマネージャーがありましたが、Windows11では「Windowsシステムツール」自体が、すべてのアプリ一覧にありません。

そこでここでは、Windows11でタスクマネージャーを起動する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows11 Pro21H2

クイックリンクから起動する

Windows11では、Windows10と同じように「スタート」ボタンを右クリックすると、よく利用するシステムツールを素早く起動できる「クイックリンク」が表示されます。(ショートカットキーなら「Windows+X」キーで開けます。)

クイックリンクの一覧にはタスクマネージャーがあり、ここから起動するのが最も簡単にタスクマネージャーを起動する方法となるでしょう。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

スタートメニューから起動する

Windows10ではスタートメニューの「すべてのアプリ」>「Windowsシステムツール」にタスクマネージャーがありましたが、Windows11では「Windowsシステムツール」自体が、すべてのアプリ一覧にありません。

それに代わる項目として、Windows11では「すべてのアプリ」に「Windowsツール」があり、ここに標準的なシステムツールが収められています。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

「Windowsツール」を起動すると、以下のフォルダーが開き、この中からタスクマネージャーを起動できます。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

そのほかの起動方法

上の2つ以外にも、以下の方法でタスクマネージャーを起動でき、これらの起動方法は以前のWindowsでも利用できます。

タスクバーの検索ボックスから起動する

タスクバーにある「検索」ボタンをクリックし、検索ボックスに「taskm」と入力して、検索結果から「タスクマネージャー」を選択してタスクマネージャーを起動できます。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

「ファイル名を指定して実行」から起動する

クイックリンクやショートカットキー「Windows+R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」を開き、「taskmgr」と入力して「Enter」キーを押すことでタスクマネージャーを起動できます。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

コマンドプロンプトやPowerShellから起動する

コマンドプロンプトやPowerShellを起動し「taskmgr」と入力して「Enter」キーを押すことでタスクマネージャーを起動できます。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

セキュリティオプション画面から起動する

「Ctrl+Alt+Del」キーを押すと表示される「セキュリティオプション」画面で、メニューの一覧からタスクマネージャーを起動できます。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

Memo

「Ctrl+Alt+Del」キーを続けて2回押すとWindowsが再起動してしまうので、画面の切り替わりが鈍くても、連続して押してしまわないようご注意ください。

タスクマネージャーをピン留めする

タスクマネージャーをよく利用するなら、タスクマネージャーをタスクバーやスタートメニューにピン留めしておきましょう。

タスクバーにピン留めする

タスクマネージャーをタスクバーにピン留めするときは、上記で紹介したいずれかの方法でタスクマネージャーを起動してから、タスクバーに表示されているタスクマネージャーアイコンを右クリックして、メニューから「タスクバーにピン留めする」を選択します。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

スタートメニューにピン留めする

タスクマネージャーをスタートメニューにピン留めするときは、まず「Windowsツール」フォルダーにあるタスクマネージャーアイコンをデスクトップにドラッグ&ドロップするなどして、ショートカットを作成します。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

作成したショートカットの名前を「タスクマネージャー」に変更してから、ショートカットアイコンを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

「タスクマネージャーのプロパティ」画面が開くので「ショートカット」タブの「アイコンの変更」をクリックします。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

「アイコンの変更」画面が表示されるので、そのまま「OK」をクリックします。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

「タスクマネージャーのプロパティ」画面に戻ったら「OK」をクリックします。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

最後に、ショートカットアイコンを右クリックして、メニューから「スタートメニューにピン留めする」を選択します。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

以上で、スタートメニューにタスクマネージャーがピン留めできます。

Windows11でタスクマネージャーを起動する方法

なお、スタートメニューにピン留めしたアイコンは、ドラッグして表示位置を調整できます。

あとがき

Windows11では、ツールや機能の起動方法がWindows10と異なることもありますが、何回か繰り返せばすぐに慣れるでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ