Windows11でコントロールパネルを素早く開く方法

Windows11でコントロールパネルを素早く開く方法

Windows10から「設定」画面が登場して、「コントールパネル」での設定も「設定」画面から設定できるよう順次移行されていますが、Windows11でも依然として一部の設定は「コントロールパネル」から行う必要があります。

ですが、これまでにも増してコントロールパネルの開き方が分かりにくくなっています。

そこでここでは、Windows11で「コントロールパネル」を開く方法を3つ紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows11 Pro21H2

「すべてのアプリ」から開く

「コントロールパネル」を「すべてのアプリ」から開く手順は、次のとおりです。

スタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、画面右上の「すべてのアプリ」をクリックします。

Windows11でコントロールパネルを素早く開く方法

アプリの一覧が表示されるので、下にスクロールして「Windowsツール」をクリックします。

Windows11でコントロールパネルを素早く開く方法

「Windowsツール」画面が表示されるので、一覧から「コントロールパネル」をクリックします。

Windows11でコントロールパネルを素早く開く方法

「スタートメニュー」から検索する

「コントロールパネル」を「スタートメニュー」から検索して開く手順は、次のとおりです。

スタートボタンをクリックしてスタートメニューを開き、メニュー上部に表示されている検索ボックスに「cp」と入力します。

Windows11でコントロールパネルを素早く開く方法

すると、検索結果の候補に「コントロールパネル」が表示されるのでクリックします。

Windows11でコントロールパネルを素早く開く方法

「ファイル名を指定して実行」から開く

「コントロールパネル」を「ファイル名を指定して実行」から開く手順は、次のとおりです。

スタートボタンを右クリックしてメニューから「ファイル名を指定して実行」をクリックするか、ショートカットキーで開くなら「Windows+R」キーを押します。

Windows11でコントロールパネルを素早く開く方法

「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので、入力欄に「control」と入力して「OK」をクリックするか、Enterキーを押します。

Windows11でコントロールパネルを素早く開く方法

あとがき

Windows11の多くの設定は「設定」画面から行うことができ、コントロールパネルを利用する機会はかなり減りましたが、一部の設定はコントロールパネルからしか設定できないものがあります。

いざ利用したいときに、どうやって開いたらよいかわからないことがないよう、開き方をチェックしておきましょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ