Windows11で追加された4つのショートカットキー

Windows11で追加された4つのショートカットキー

Windows11では、これまでのWindowsと同じように、さまざまな操作をキーボードのみで行うためのショートカットキーが利用できます。

多くのショートカットキーは、Windows10と同じのようですが、Windows11から利用できる新しいショートカットキーがいくつかあります。

そこでここでは、Windows11で新しく追加されたショートカットキーを紹介します。

Windows10の操作を爆速化するならショートカットキーを使いこなそう。
Windows10でさまざまな操作を多なうとき、マウス操作で行うことが多いですが、より効率的に作業を行いたいときには、ショートカットキー...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows11 Pro21H2

Windowsキー+A

Windows10では「Windowsキー+A」で画面右に通知パネルが開きましたが、Windows11では、クイック設定パネルを備えたアクションセンターのみが起動します。

Windows11で追加された4つのショートカットキー

Windowsキー+N

「Windowsキー+N」では、システムトレイの時計をクリックすると表示される通知パネルが開き、未読の通知を素早く確認することができます。

Windows11で追加された4つのショートカットキー

Windowsキー+W

Windows11では、天気、ニュース、カレンダーといった情報を表示できるウィジェット機能が搭載されており「Windowsキー+W」でウィジェットパネルを素早く開くことができます。

Windows11で追加された4つのショートカットキー

Windowsキー+Z

Windows11では、ウィンドウの表示を整列するスナップ機能が強化されており、アクティブウィンドウの「最大化」ボタンにカーソルを合わせることで、レイアウトを選択するポップアップが表示されますが、ショートカットキー「Windowsキー+Z」で素早くポップアップを表示させることができます。

Windows11で追加された4つのショートカットキー

あとがき

ショートカットキーを活用することで、マウス操作メインに比べてWindows上での操作を何倍も効率化することができます。

ぜひご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ