スマホからWindows10へ写真や動画をかんたんに転送する方法(Photos Companion)

スマホで撮影した写真や動画をWindows10パソコンに転送する方法には、オンラインストレージ経由・HTTP接続経由・SMB経由などいろいろありますが、どれも手順が面倒だったり、事前の設定が大変だったりします。

そんなときは、マイクロソフトが提供しているAndroid/iPhone向けアプリ「Photos Companion」を使ってみてください。このアプリは、スマートフォンからWindows10パソコンに写真や動画を転送できるアプリですが、これまでにない手軽さを実現しています。

Photos Companionの特長

ローカルネットワーク経由で速い

Photos Companionは、同じネットワーク(家庭内のLANなど)に接続したパソコンとスマートフォンの間で写真や動画を転送するため、オンラインストレージなどを使ってインターネットを経由してパソコンに送るのに比べ、高速です。

QRコードを撮るだけ

Photos CompanionからWindows10に写真や動画を転送するには、Windows10の「フォト」アプリの画面に表示されたQRコードをPhotos Companionで撮影するだけです。共有フォルダーを作成したり、URLを入力する必要がないのがとてもかんたんです。

転送手順

Windows10パソコンの事前設定

「スタート」メニューから「フォト」アプリを起動し、右上のメニューボタンから「設定」をクリックします。

「設定」画面の下の方にある「Wi-Fiを経由したモバイルデバイスからのインポート機能に対するMicrosoftテストをサポートする」をオンにします。

以上で事前設定は完了です。設定を有効化させるため一旦アプリを終了します。

転送

Windows10側

「フォト」アプリを起動し「インポート」から「Wi-Fi経由でモバイルから」をクリックします。

以下の画像のようにQRコードが表示されます。これでパソコン側の準備は完了です。

スマホ側

「Photos Companion」を起動して「Send Photos」をタップします。するとカメラが起動するので、さきほどパソコンの画面に表示させたQRコードを撮影します。

QRコードが認識されると、写真や動画の選択画面が表示されるので、転送したい写真や動画をタップしてチェックマークを付けます。転送したい写真や動画すべてにチェックマークを付けたら「Done」をタップして転送を開始します。

転送が完了するとスマホ画面に「All done!」を表示されるので、パソコン上で写真や動画が転送されているか確認します。

転送結果確認

転送した写真や動画は「フォト」アプリに表示されるので、すぐに確認できます。

なお、転送した写真や動画は「ピクチャ」ライブラリの[Inported from Photos Companion]フォルダーに保存されています。

まとめ

スマホに溜まった写真や動画をパソコンに転送するのって意外と面倒ですが「Photos Companion」でかなり手軽に転送できます。お試しあれ。

スポンサーリンク