Windows10:検索ボックスを表示したままCortana(コルタナ)を無効化する方法

Windows10パソコンで音声アシスタント機能「Cortana(コルタナ)」使ってますか?私は使って・・ません。WindowsMobileのようにキーボードがないスマホとかであれば、音声アシスタント機能を利用したほうが便利なときがあるのはわかるのですが、デスクトップパソコンやノートパソコンでわざわざ音声で検索するメリットを今のところは感じません。

というわけで、Windows10のCortanaを無効化する方法を紹介します。ただし検索ボックスは表示したままにします。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

項目
製品 Windows10 Professional 64bit
バージョン 1803(April 2018 Update)

無効化手順

ここでは、Windowsコマンドで無効化する方法を紹介します。

タスクバーの検索ボックスに「コマンド」と入力すると、検索結果に「コマンドプロンプト」が表示されるんので、右クリックから「管理者として実行」をクリックします。

コマンドプロンプト起動したら、以下のコマンドを実行します。

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search" /v "AllowCortana" /t reg_dword /d 0 /f
この操作を正しく終了しました。

コマンドの実行結果に「この操作を正しく終了しました。」と表示されればOKです。

Windowsを再起動すると、Cortanaが無効化され検索ボックスからマイクアイコンが消えています。

Cortanaを再度有効化するには、上と同じ手順でコマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行します。

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search" /v "AllowCortana" /t reg_dword /d 1 /f

まとめ

実際のところ、デスクトップパソコンやノートパソコンで音声検索する人って結構いるのでしょうか。それに、検索エンジンがBingで開くブラウザもEdgeに固定されているのがなぁ・・・もう少しカスタマイズできればよいのですが。

スポンサーリンク