Windows10で「ごみ箱」の大きさ(最大サイズ)を変更する方法

Windows10で「ごみ箱」の大きさ(最大サイズ)を変更する方法

Windows10では、フォルダーやファイルを削除すると、通常は「ごみ箱」に移動され、ごみ箱がいっぱいになると、古いデータから消去されるようになっています。

ですが、ごみ箱の大きさ(最大サイズ)が小さいと、古いデータがすぐに消去されてしまったり、大容量のファイルがごみ箱に移動できずに、即座に消去されてしまうといったことが起こり、使い勝手がよくありません。

そこでここでは、Windows10で「ごみ箱」の大きさ(最大サイズ)を変更する方法を紹介します。

Windows10でファイルを削除する前に確認ダイアログを表示する方法
Windows10では、エクスプローラーでフォルダーやファイルを削除するときに確認ダイアログが表示されず、ごみ箱に移動されてしまいます。...
Windows10でごみ箱内のデータを定期的に自動削除する方法
Windowsには「ごみ箱」機能が搭載されており、フォルダーやファイルなどを「Delete」キーなどで削除すると、削除されたフォルダーや...

ごみ箱の最大サイズを変更する

ごみ箱の最大サイズを変更する手順は、次のとおりです。

まず、デスクトップの「ごみ箱」アイコンを右クリックして、メニューから「プロパティ」をクリックします。

Windows10で「ごみ箱」の大きさ(最大サイズ)を変更する方法

「ごみ箱のプロパティ」画面が表示されたら、ごみ箱の場所(ドライブ)を選択してから「最大サイズ(MB)」を入力し、設定済んだら「OK」をクリックします。

Windows10で「ごみ箱」の大きさ(最大サイズ)を変更する方法

Memo

デスクトップにはごみ箱アイコンが1つしかありませんが、ごみ箱の実体は各ドライブの直下にある「$Recycle.Bin」というシステムフォルダーの中に存在しています。

Windows10で「ごみ箱」の大きさ(最大サイズ)を変更する方法

ちなみに「ごみ箱のプロパティ」画面で「ごみ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する」を選択すると、そのドライブでフォルダーやファイルを削除すると、ごみ箱を経由せずに即座に消去されるようになります。

Windows10で「ごみ箱」の大きさ(最大サイズ)を変更する方法

あとがき

ドライブの空き容量に余裕がある場合は、ごみ箱の最大サイズを大きめに設定しておけば、万が一ごみ箱からフォルダーやファイルを戻したいときに、消去されていたという事態を防げ、使い勝手が良くなるでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ