Webブラウザでリンクを新しいタブで開く方法

Webブラウザでリンクを新しいタブで開く方法

「Google Chrome(以下、Chromeブラウザ)」などのWebブラウザで、開いているページ上のリンクをクリックした場合、リンク先のページが現在開いているタブで表示されるケースと、新しいタブで表示されるケースがあります。

これは、Webサイト側の設定によるものですが、閲覧しているユーザー側でも、今開いているページをそのままに、リンクを新しいタブで開くことができます。

そこでここでは、パソコンやスマホのChromeブラウザを例に、今開いているページをそのままにしながら、リンクを新しいタブで開く方法を紹介します。

Chromeブラウザの意外と知られていない便利機能
ここでは、Windows版Chromeブラウザを例に「特定のウェブサイト内を直接検索する」「アドレスバーで計算する」「WebページをPDF形式ファイルで保存する」「Chromeブラウザの機能をアドレスバーから呼び出す」といった便利機能を紹介します。
Android版Chromeブラウザのおススメ操作テクニック
Android版Chromeブラウザで、ジェスチャー操作をはじめとした、スマートフォン向けならではの機能を使って、より効率よく操作するテクニックを紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Google Chrome92.0.4515.159

パソコン版Chromeブラウザの場合

パソコン版Chromeブラウザでリンクを新しいタブで開くときは、リンクを右クリックしてメニューから「新しいタブで開く」を選択するのが、一般的な方法です。

Webブラウザでリンクを新しいタブで開く方法

また「Ctrl」キーを押しながらリンクをクリックすることでも、リンクを新しいタブで開くことができます。

スマホ版Chromeブラウザの場合

スマホ版Chromeブラウザでリンクを新しいタブで開くときは、リンクをロングタップしてメニューから「新しいタブをグループで開く」をタップするのが、一般的な方法です。

Webブラウザでリンクを新しいタブで開く方法

また、メニューから「ページをプレビュー」をタップすれば、今開いているページはそのままに、リンク先のページをプレビュー表示で確認することもできます。

プレビュー表示しているページは、上部のボタンから、新しいタブで開いたりすぐに閉じることができます。

Webブラウザでリンクを新しいタブで開く方法

プレビュー表示の画面

あとがき

ちょっとしたテクニックですが、今開いているページをそのままにしながら、リンク先のページを開くことができ、いちいちページを戻る必要がないので結構便利ですよ。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。