スマホで閲覧しているWebページをWindowsPCですばやく開く方法

AndroidやiPhoneなどのスマホで閲覧しているWebページを、Windowsパソコンで見たい場合、通常であれば、アプリを経由してURLを送るか、GoogleアカウントやMicrosoftアカウントを利用して、お気に入りや履歴を同期させから閲覧するのがよくあるパターンではないでしょうか。

それよりも、もっと早く共有する方法があります。それはスマホ版「Microsoft Edge」の「PCで続行」機能を活用した方法です。

設定手順

まずは、スマホに「Microsoft Edge」をインストールし、Edgeを起動してメニューからMicrosoftアカウントでログインしておきます。すでに他のアプリでMicrosoftアカウントを利用している場合は、新たにログオンする必要はありません。

次に、Windowsパソコン側でスマホとのリンクを設定します。なお、Windowsパソコンはスマホと同じMicrosoftアカウントでログオンしておきます。

「スタート」>「設定」>「電話」をクリックし、設定画⾯から「電話の追加」をクリックします。

下のような電話番号を入力する画面が開くので、左から国番号「JP(+81)」を選択し、右のテキストボックスに電話番号を⼊⼒し「送信」をクリックします。

なお、電話番号の最初の0は省略して入力します。例えば090から始まる番号の場合は「90-xxxx-xxxx」と入力します。

スマホにMicrosoft Edgeをインストール済みで、Microsoftアカウントでログインしている状態であれば、スマホ側には特になにも表示されずリンクは完了するようです。

リンクが完了すると、パソコン側に「リンクされた電話」としてスマホが表示されます。

以上で、事前の設定は完了です。

利用手順

スマホ側で、共有機能のあるWebブラウザ(Edgeでなくても大丈夫です)でWebページを開き、共有メニューからから「PCで続行」をタップします。

すると、先ほどリンクを設定したパソコンが表示されるので、アイコンをタップします。すると、パソコンのMicrosoft Edgeが自動的に起動して、スマホで閲覧しているページが開きます。

どうでしょう。一回設定してしまえばアプリなどを介してURLを共有するより断然早く共有することができます。

まとめ

スマホ側の操作はこれまでの共有方法と同じような感じですが、パソコン側は初期設定さえしてしまえば、ほぼノーアクションでWebページを表示でき、とても便利です。

パソコンでWindowsを利用しているのであれば、是非活用してみてください。

スポンサーリンク