Windows10で文字が見づらいと感じたら「ClearType」を設定してみよう。

Windows10で文字が見づらいと感じたら「ClearType」を設定してみよう。

Windows10では、標準システムフォントとして「Yu Gothic UI」が採用されており、Windows8.1の標準システムフォントである「Meiryo UI」と比べると、フォントの線が若干細くなっています。

そのため、使用しているディスプレイなどによっては、文字が見づらいと感じるときがあります。

そんなときは、まずWindows10の設定で「ClearType」を設定することで、文字を読みやすく調整することができます。

そこでここでは、Windows10で「ClearType」を設定する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

「ClearType」を設定する

「ClearType」を設定する手順は、次のとおりです。

デスクトップの何もないところを右クリックして、メニューから「個人用設定」を選択します。

Windows10で文字が見づらいと感じたら「ClearType」を設定してみよう。

「個人用設定」画面が表示されるので、左側から「フォント」をクリックし、「関連設定」にある「ClearTypeテキストの調整」をクリックします。

Windows10で文字が見づらいと感じたら「ClearType」を設定してみよう。

「ClearTypeテキストチューナー」画面が表示されるので、まず「ClearTypeを有効にする」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

Windows10で文字が見づらいと感じたら「ClearType」を設定してみよう。

サンプルの文章が表示されるので、読みやすいと感じるほうを選択して「次へ」をクリックします。

Windows10で文字が見づらいと感じたら「ClearType」を設定してみよう。

同じような質問が4回続くので、一番読みやすいと感じるほうを選択して「次へ」をクリックします。

Windows10で文字が見づらいと感じたら「ClearType」を設定してみよう。

「モニターのテキストの調整が完了しました」と表示されたら「完了」をクリックすれば、設定完了です。

Windows10で文字が見づらいと感じたら「ClearType」を設定してみよう。

下の画像は、ClearTypeが有効のときと無効のときのエクスプローラーの画面です。

有効にすると、文字が読みやすくなっているのを確認できます。

Windows10で文字が見づらいと感じたら「ClearType」を設定してみよう。

ClearTypeが有効の画面

Windows10で文字が見づらいと感じたら「ClearType」を設定してみよう。

ClearTypeが無効の画面

あとがき

もし、ClearTypeを設定しても、文字が依然として読みづらいと感じるなら、システムフォントそのものを変更するのも手でしょう。

Windows10で文字が見づらいときは標準システムフォントを変更してみよう。
Windows10では、標準システムフォントとして「Yu Gothic UI」が採用されていますが、このフォントは、Windows8.1...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ