windows10:April 2018 Updateのおすすめ新機能2

2018年4月30日にWindows10の大型アップデート「April 2018 Update(バージョン 1803)」の配信が開始されました。すでに導入している方もいると思いますが、ここでは、前回の記事に続いて、個人ユースでおすすめしたい新機能をかいつまんで紹介したいと思います。

前回の記事はこちらです。

windows10:April 2018 Updateのおすすめ新機能1
2018年4月30日にWindows10の大型アップデート「April 2018 Update(バージョン 1803)」の配信が開始され...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

項目
製品 Windows10 Professional 64bit
バージョン 1803(April 2018 Update)

Windows Defender Application Guard

セキュリティ機能で目新しいのが「Windows Defender Application Guard(WDAG)」です。この機能はWindowsの仮想化テクノロジーである「Hyper-V」を利用して、Webブラウザー「Microsoft Edge」を、ホストマシンとは隔離されたサンドボックス環境上で動かします。これにより、信頼できないWebサイトを閲覧した際のセキュリティリスク(システムへの侵害・データ漏えい・データ破損)を大幅に軽減することができる機能です。

この機能は、これまで「Windows10 Enteprise」にのみ搭載されていましたが、今回のアップデートで「Windows10 Professional」でも利用できるようになりました。

この機能は「コントロールパネル」>「プログラム」>「Windowsの機能の有効化または無効化」で有効化します。

機能を有効化したら、Microsoft Edgeを開いて、右上の「…」から「新しいApplication Guardウィンドウ」をクリックすることでWDAGが有効になったウィンドウが開きます。

WDAGが有効のウィンドウは、ウィンドウ左上に朱色で「Application Guard」と分かりやすく表示されています。

Intel Corei3-4170、メモリ8GBのデスクトップマシンで使用した感じでは、体感的には通常のEdgeとほとんど変わりないレスポンスと感じました。

ただし、この機能の利用にはシステム要件が設定されており、ブラウザで開くタブの数にもよると思いますが、3つぐらいのタブを開くと1GBほどメモリを消費します。この機能を利用するのであれば、マシンの搭載メモリ量はある程度余裕があったほうが良いと思われます。

System requirements for Windows Defender Application Guard (Windows 10) | Microsoft Docs

Memo

この機能を利用して閲覧するWebページでは次のような制限があるため、利用する際は気にしておいたほうが良いです。

  • ダウンロードしたファイルはサンドボックス環境内に保存されるため、通常のローカルファイルとして利用することはできず、実行もできません。
  • クリップボードの使用が制限されており、テキストのコピー&ペーストだけが可能です。
  • ダウンロードしたファイル・お気に入り・履歴などは、コンピュータを再起動すると破棄されます。
  • 2018年6月9日時点では、日本語の入力はできないようです。

Microsoft Storeでフォントが購入可能に

Microsoft Storeのカテゴリにフォントの項目が追加されました。現時点ではMicrosoftが提供する無料のフォントを含めて10個ほどしかありませんが、今後サードパーティーからフォントが提供されるようになれば、便利になると思います。

SSHにネイティブで対応

標準機能としてOpenSSHクライアントが搭載されました。これで、PuttyなどのサードパーティーのSSHクライアントがなくても、SSH接続できるようになりました。使い勝手の面ではサードパーティーのSSHクライアントに比べると劣るところはありますが、標準機能で利用できるようになったのは嬉しいです。

Windows10:ネイティブ動作するOpenSSHクライアントを使う
Windows10は「April 2018 Update」でやっとSSHにネイティブで対応しました。これで、SSHサーバへ接続するために...

ファイルやURLを簡単に送れる「近距離共有」

OSやアプリの「共有」機能を使って、近くにあるデバイスへWifiやBluetooth経由でカンタンにデータを送信することができる「近距離共有(Near Share)」が搭載されました。

これまでのデータ共有方法(ネットワーク共有・メール添付・クラウドストレージ・USBメモリなど)にくらべ、事前の準備がほとんどいらず手軽に利用できるのがいい感じです。

なお、この機能を利用するには双方のマシンで「近距離共有」機能を有効化しておく必要があります。設定画面は「スタート」>「設定」>「システム」>「共有エクスペリエンス」で開きます。

まとめ

Windows10は、Windows8.1以前と違い6が月ごとに機能追加されているので、新機能をうまく活用して、より便利に、そしてより安全にWindows環境を利用しましょう。

スポンサーリンク