LibreOffice:CalcでファイルをCSV形式で保存する場合の文字コード指定方法

最近、LibreOfficeを使うようになりいろいろと試行錯誤しております。

そんな中で今回は「CalcでファイルをCSV形式で保存する場合の文字コードを指定する方法」を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

項目
OS Windows10 Professional 64bit(バージョン1803)
オフィススイート LibreOffice バージョン: 6.0.4.2 (x64)

LibreOfficeとは


from:ホーム | LibreOffice - オフィススイートのルネサンス

LibreOfficeはOpenOffice.orgから派生した、様々なオペレーティングシステムで利用可能なオフィススイートです。フリーソフトウェアとして自由にダウンロードし、使用・再配布することができ、市販のオフィススイート製品との互換性も持っています。

日本語への対応度はMicrosoft Officeに劣りますが、基本的な文書作成・表計算ぐらいであれば遜色なく利用できると思います。

CalcでファイルをCSV形式で保存する場合の文字コード指定方法

Calcで、ファイルをCSV形式で保存する場合、Windows環境では既定の文字エンコーディングはShift-JIS系の「Windows-932」になります。ですが「Windows-932」のCSV形式ファイルは、Linux環境などで開くと日本語が文字化けしてしまいます。

そこで、任意の文字エンコーディングを指定して保存する場合は、ファイルの保存ダイアログで「フィルター設定を編集する」にチェックを入れて「保存」ボタンをクリックします。

すると「テキストファイルのエクスポート」画面が表示されるので「文字エンコーディング」欄で指定します。


 

以上で、任意の文字エンコーディングで保存できます。

まとめ

ちょっとしたことですが、設定箇所を探すのに手間取りました。

スポンサーリンク