WordPressで誤ったアドレスを設定して管理画面やWebサイトを表示できなくなった時の対処方法

WordPressで誤ったアドレスを設定して管理画面やWebサイトを表示できなくなった時の対処方法

WordPressに誤った設定をすると管理画面やWebページが表示されなくなることがあります。

ここでは、管理画面の「設定」>「一般」にある「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」に誤ったURLを設定してしまい、管理画面やWebサイトを表示できなくなったときの復旧方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果をもとにしています。ソフトウェアのバージョンにより、動作結果や表示が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア(プラグイン)バージョン
WordPress4.9.6

復旧方法

WordPressで誤ったアドレスを設定して管理画面やWebサイトを表示できなくなった時の対処方法

管理画面の「設定」>「一般」にある「WordPressアドレス」と「サイトアドレス」に誤ったURLを設定してしまい、管理画面やWebサイトが表示されなくなったときは、利用しているテーマ(または子テーマ)の「functions.php」に復旧用のコードを追記します。

復旧用のコードは、以下のとおりです。

update_option( 'siteurl', 'http://example.com' );
update_option( 'home', 'http://example.com' );

URLの部分(http://example.com)には、正しいURLを入力します。

これで、ページを読み込み直せば表示できるようになっているはずです。

Memo

Webサイトの表示が直ったら「functions.php」に追加した行は削除しておきます。

あとがき

サイト移転やSSL化したときなど、URLを変えたときに管理画面やWebサイトが表示されなくなることがあります。覚えておくといざというときに役立ちます。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ