Windowsコマンドの使い方を調べるなら、常備しておきたいリファレンス

Windowsで、まとまった処理を実行するときに便利なWindowsコマンドですが、使いたいコマンドについて、ヘルプ以上の情報を知りたい場合、ネットで調べると以外と探すのに手間取ったりすることがあります。

そんなときのためなのかは分かりませんが、Windowsコマンドの情報をまとめた「Windows Commands Reference(英語)」の改訂版がMicrosoftから最近リリースされたらしいので、早速、Microsoft社のページからダウンロードしてみました。

ダウンロード

以下ののWebページの左下にダウンロードリンクがあります。そのリンクからPDF形式ファイルでダウンロードできます。

Windows Commands | Microsoft Docs

「Windows Commands Reference」概要

このドキュメントはPDF形式ファイルで964ページあり、Windows8.1から最新のWindows Serverまでで利用できる300近いWindowsコマンドについて説明されています。

内容をざっと確認してみると、コマンドの書式・オプションの説明にとどまらず、使用例や備考、注意事項なども記載されており、Windowsコマンドについて知りたいときは、このリファレンスを持ってさえいれば大丈夫と思えるほどです。

また、アルファベット順の索引も記載されており、知りたいコマンドのページにすぐたどり着くことができます。

なお、このドキュメントの内容は恐らくWebページの内容がそのままPDF形式ファイルにされているように見受けられますので、より最新の情報を得たい場合はWebページを参照するのが良さそうです。

豆知識

ドキュメントに掲載されているコマンドの大部分が、コマンドプロンプトだけでなくPowerShellでも同様に機能してくれるようです。

最近では、Windowsをコマンドで操作する場合、PowerShellを使用することがほとんどですが、たまにWindowsコマンドを使いたいときがあります。そんなときに、PowerShellからWindowsコマンドを実行できるのは便利です。

たとえば、PowerShellを起動して「cmd」と入力し、エンターキーを押してみてください。コマンドプロンプトがPowerShell上で開始できますよ。

まとめ

オフラインな環境でWindowsコマンドを多用する方は、ドキュメントをダウンロードして常備しておくと、いつでも調べられるので良いかもしれませんね。

スポンサーリンク