Chromeブラウザの「リーディングリスト」ってなに?使い方は?

Chromeブラウザの「リーディングリスト」ってなに?使い方は?

Webブラウザとして人気のある「Google Chrome」では、以前からiOS版で「リーディングリスト」機能が利用できましたが、最近のバージョンでそのほかのプラットフォームでも利用できるようになっています。

ですが、リーディングリストってどんな機能で、どうやって使えばいいのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは「リーディングリスト」機能の概要や、Windows版Chromeブラウザでのリーディングリストの使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1
Google Chrome91.0.4472.77

リーディングリストとは

「リーディングリスト」は、ブックマークするほどのページではないけれども、後で読むために一時的に登録しておきたいときに利用する機能で、同じGoogleアカウントであれば登録リストをデバイス間で共有することもできます。

リーディングリスト機能は、現在Windows版・macOS版・iOS版で利用でき、プラットフォームごとで利用できる機能に若干の違いがあるようです。

なお、Android版はまだ試験機能段階です。

リーディングリストの使い方

ここからは、Windows版のChromeブラウザでの「リーディングリスト」の使い方を紹介します。

Webページをリーディングリストに追加する

リーディングリストの使い方は、まず登録しておきたいWebページを表示している状態で、オムニボックス(アドレスバー)の右端にある星印アイコンをクリックし、表示されるメニューから「リーディングリストに追加」を選択します。

Chromeブラウザの「リーディングリスト」ってなに?使い方は?

または、登録したいWebページのタブを右クリックし、表示されるメニューから「リーディングリストにタブを追加」を選択します。

Chromeブラウザの「リーディングリスト」ってなに?使い方は?

これで、そのページがリーディングリストに登録されます。

リーディングリストに登録したページを閲覧する

リーディングリストに登録したWebページを閲覧するときは、ブックマークバー右端に表示されている「リーディングリスト」をクリックし、一覧から表示したいページをクリックします。

ブックマークバーが表示されていない場合は、ショートカットキー「Shift+Ctrl+B」を押して表示させるか、常にブックマークバーを表示しておくよう設定しましょう。

Chromeブラウザの「リーディングリスト」ってなに?使い方は?

リーディングリストに登録したページは、マウスポインターを合わせると表示されるチェックマークをクリックすることで未読/既読を切り替えることができ、見終わったWebページをリーディングリストから削除するには「×」をクリックします。

Chromeブラウザの「リーディングリスト」ってなに?使い方は?

リーディングリストをオフラインで閲覧する

iOS版のChromeブラウザでは、登録したリーディングリストはオフラインでも閲覧できるようですが、Windows版Chromeブラウザでは、リーディングリストからは登録したWebページをオフラインで閲覧できません。

Windows版Chromeブラウザで、Webページをオフラインで閲覧したいときは、対象のWebページを保存しておく必要があり、保存方法としてはHTMLファイルやPDFァイル、画像ファイルがありますが、HTMLファイルで保存する手順は、次のとおりです。

WebページをHTMLファイルで保存するには、該当のWebページを開いている状態で、画面右上の「Google Chromeの設定」から「その他のツール」>「名前を付けてページを保存」をクリックしてダウンロードします。

Chromeブラウザの「リーディングリスト」ってなに?使い方は?

あとは、保存したファイルをダブルクリックすれば、オフラインで対象のWebページを閲覧できます。

Chromeブラウザの「リーディングリスト」ってなに?使い方は?

あとがき

ニュース記事などをよく読む方なら、後で読むために一時的に登録しておきたいページって結構あるのではないでしょうか。

そのようなときに「リーディングリスト」が役立つでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ