Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

WindowsやLinuxといった一般的なOSでは、インターネット上にある時刻配信サーバー(NTPサーバー)に接続して自分自身の時刻を合わせる時刻同期機能があり、Windows10もデフォルトでMicrosoftの時刻配信サーバーに接続して時刻を合わせています。

普段はあまり気にすることがない時刻同期ですが、なんらかの原因により時刻が正しく設定されないことがあり、そうなると、インターネット上のサーバーに接続できなくなったり、更新プログラムをダウンロードできなくなったりと、さまざまな機能が正しく動作しなくなることがあります。

そこで、ここではWindows10で時刻同期の設定を調整する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

時刻を同期する

Windows10の時刻が、インターネット上にある時刻配信サーバーに接続して自動的に設定されるようになっているかは、以下の手順で確認できます。

Windowsの「設定」アプリから「時刻と言語」を選択します。

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

「時刻と言語」画面が表示されたら「日付と時刻」の「時刻を自動的に設定する」がオンになっていることを確認します。

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

時刻がズレているときは「タイムゾーン」で、日本国内であれば「(UTC+09:00) 大阪、札幌、東京」が選択されていることを確認し、違っていれば選択し直します。

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

次に「時刻を同期する」にある「今すぐ同期」をクリックすることで、時刻を修正できます。

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

NTPサーバーを変更する

Windows10では、デフォルトで接続するNTPサーバーが「time.windows.com」に設定されていますが、「time.windows.com」は、Microsoftが提供しているNTPサーバーで日本国外にあるため、環境によっては接続が安定しないことがあります。

そのような時は、接続先のNTPサーバーを日本国内で提供されているNTPサーバーなどに変更することで、改善する場合があります。

NTPサーバーを変更する手順は、次のとおりです。

スタートメニューのプログラム一覧などから「コントロールパネル」を起動します。

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

「コントロールパネル」が開いたら「時計と地域」をクリックします。

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

「時刻と地域」画面が表示されたら「日付と時刻の設定」をクリックします。

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

「日付と時刻」画面が開くので「インターネット時刻」タブを選択し「設定の変更」をクリックします。

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

「インターネット時刻設定」画面が開くので「サーバー」欄にNTPサーバーのアドレスを入力し「今すぐ更新」をクリックします。

Memo

日本国内で提供されているNTPサーバーはいくつかありますが、よく利用されるのは「独立行政法人 情報通信研究機構」が公開しているNTPサーバー「ntp.nict.jp」です。

日本標準時(JST)グループ

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

画面下に「時刻は正常に2021/XX/XX XX:XXにntp.nict.jpと同期しました。」と表示されれば、正常に同期できています。

何らかのエラーが表示された場合は、もう一度「今すぐ更新」をクリックすることで、同期できることがあります。

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

最後に「OK」をクリックすれば、NPTサーバーの変更完了です。

Windows10で時刻を調整する(時刻同期)方法

あとがき

サーバーやネットワーク機器では、時刻同期は重要な機能にひとつとして、初期設定時に必ず設定しますが、Windows10などのパソコンでは、設定を変更することはあまりなく、どちらかというと裏でひっそりと動作している印象ですがで、時刻のズレはさまざまな機能の動作に影響を及ぼすことがあるため、たまにはチェックしておくのも良いでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ