Windows10のOneDriveで重要なフォルダーのバックアップを停止する方法

Windows10のOneDriveで重要なフォルダーのバックアップを停止する方法

Windows10では、初期設定時に上のような画面が表示され、デスクトップやドキュメント、ピクチャといった重要なフォルダーのOneDriveへのバックアップを促され、そのまま「次へ」をクリックすると、OneDriveへのバックアップが開始されてしまうため、知らないうちに利用していたなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

OneDriveへのバックアップを利用していれば、万が一利用しているWindows10が故障してしまっても、OneDriveからファイルを復旧することができ、他のWindows10に同じMicrosoftアカウントでサインインすれば、これらのフォルダーを同期することもでき、複数のWindows10マシンで作業を継続する場合にも便利な機能です。

ですが、OneDriveの無料で利用できる容量は5GBと少ないため、追加容量やMicrosoft365を契約していないなら、バックアップ機能は特に必要なないと考える方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ここではWindows10でOneDriveによる重要なフォルダーのバックアップを停止する方法を紹介します。

Windows10でOneDriveを停止/アンインストールする方法
Windows10には、Microsoftが提供するクラウドストレージサービス「OneDrive」が標準で搭載されており、タスクトレイに...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

バックアップを停止する方法

OneDriveによる重要なフォルダーのバックアップを停止する手順は、次のとおりです。

まず、デスクトップ右下のタスクトレイにある「OneDrive」 アイコンを右クリックし、表示されたメニューから「設定」をクリックします。

Windows10のOneDriveで重要なフォルダーのバックアップを停止する方法

OneDriveの設定画面が表示されるので「バックアップ」タブを選択して「バックアップを管理」ボタンをクリックします。

Windows10のOneDriveで重要なフォルダーのバックアップを停止する方法

バックアップの管理画面が表示されるので、デスクトップ・ドキュメント・写真のそれぞれに表示されている 「バックアップを停止」をクリックします。

Windows10のOneDriveで重要なフォルダーのバックアップを停止する方法

「フォルダーのバックアップを停止しましか」画面が表示されるので「バックアップを停止」をクリックします。

Windows10のOneDriveで重要なフォルダーのバックアップを停止する方法

確認画面が表示されるので「閉じる」をクリックします。

Windows10のOneDriveで重要なフォルダーのバックアップを停止する方法

すべてのバックアップを停止したら、ウィンドウ右上の「×」をクリックして画面を閉じます。

Windows10のOneDriveで重要なフォルダーのバックアップを停止する方法

以上で、作業完了です。

ファイルを移動する

OneDriveへのバックアップを停止すると、それぞれのフォルダーの場所が変更されます。

  • バックアップ中:C:\Users\<ユーザー名>\OneDrive配下
  • バックアップ停止後:C:\Users\<ユーザー名>配下

そのため、バックアップ停止後は、OneDrive配下のそれぞれのフォルダーに保存されていたファイルを自分で移動させる必要があります。

バックアップを停止したらファイルがなくなった、と慌てないようご注意ください。

あとがき

OneDriveの追加容量を契約したり、Microsoft365を契約したりして、OneDriveの容量に余裕ができて改めてバックアップ機能を利用したくなった時は、以下の記事で利用を開始する方法を紹介しているのでご参照下さい。

Windows10での「OneDrive」の使い方
OneDriveは、マイクロソフト社が提供するクラウドストレージサービスで、書類や写真などのいろいろなファイルをOneDriveに保存し...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ