Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ディスククリーンアップ)

Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ディスククリーンアップ)

Windowsマシンを長く使っていると、だんだんゴミデータが溜まってきて動作が遅くなってきたりします。

そこで、定期的にごみデータを削除する必要がありますが、ユーザー自身が作成したデータなら削除すべきかそうでないかの判断がつきますが、OSやアプリケーションが自動生成するようなシステムファイルは削除してよいか判断がつかない場合があります。

また、誤ってシステムファイルを削除してしまうと、OSやアプリケーションが起動できなくなってしまう危険性もあります。

そのようなときのために、Windows環境には、不要なファイルを安全に削除するためのツール「ディスククリーンアップ」が用意されています。

そこで、ここではWindows10での「ディスククリーンアップ」の使い方を紹介します。

「ディスククリーンアップ」の使い方

ディスククリーンアップの起動

ディスククリーンアップの起動方法は、タスクバーの検索ボックスに「ディスク」と入力すると、候補に「ディスククリーンアップ」が表示されるので、そこから起動するのが早いです。

Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ディスククリーンアップ)

スキャン

起動したら、確認したいドライブ(多くの場合Cドライブで問題ないでしょう)を選び、OKをクリックします。

Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ディスククリーンアップ)

すると、指定したドライブのスキャンが始まり、スキャンが終わると、システムから安全に削除できるファイルが種類別に表示されますが、ここではまだクリーンアップを実行せずに「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

Memo

「システムファイルのクリーンアップ」を実行するには、管理者権限が必要です。

Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ディスククリーンアップ)

すると、再びドライブの選択画面が表示されるので、確認したいドライブを選択してOKをクリックするとスキャンが行われ、Wndowsアップグレードログファイルなども削除対象として選択できるようになります。

Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ディスククリーンアップ)

削除項目の選択とクリーンアップ実行

削除可能な項目は以下のとおりで、通常はすべての項目をチェックして問題ありませんが、明らかに削除してほしくない項目がある場合は、チェックを外しておきましょう。

  • WindowsUpdateのクリーンアップ
  • Windowsアップグレードログファイル
  • ダウンロードされたプログラムファイル
  • インターネット一時ファイル
  • Windowsエラー報告とフィードバックの診断
  • DirectXシェーダーキャッシュ
  • 配信の最適化ファイル
  • デバイスドライバーパッケージ
  • 言語リソースファイル
  • ごみ箱
  • 一時ファイル
  • 一時Windowsインストールファイル
  • 縮小表示

削除項目を選択したら「OK」をクリックして「ファイルを削除」をクリックすれば、削除処理がはじまります。

Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ディスククリーンアップ)

Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ディスククリーンアップ)

削除処理が開始されると、以下のような進捗画面が表示され、削除が完了すると画面が自動的に閉じます。

Windows10の標準機能で不要なファイルを削除する方法(ディスククリーンアップ)

以上で作業完了です。

あとがき

定期的に不要なデータを削除しておくことは、Windowsマシンを快適な状態で利用するために必要な作業です。

なお、複数のユーザーが利用する共用マシンの場合は、不要なユーザープロファイルの削除も空き容量の確保に有効です。ユーザープロファイルの削除方法については、以下の記事をご覧ください。

Windows10で不要なユーザーアカウントやユーザーデータを削除する方法
Windows環境では、ユーザーごとの設定、ユーザー用のフォルダー、レジストリ情報などが「ユーザープロファイル」と呼ばれるフォルダーに格...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る