Windows10:不要ファイルを削除してマシンの動作を軽くするには

Windowsマシンを長く使っていると、だんだんゴミデータが溜まってきて動作が遅くなってきたりします。そんなときに「CCleaner」や「BleachBit」などのツールを使って掃除する前に、最初に試すべきはWindowsの標準機能である「ディスククリーンアップ」です。

「ディスククリーンアップ」でもかなりの無駄データを削除することができます。もし、これでも足りなと感じた場合のみ、先ほどのようなツールを利用するのが良いと思います。

ここでは、Windows10で「ディスククリーンアップ」を利用する方法を紹介します。

手順

ディスククリーンアップの起動

「スタート」メニューで「ディスク」と入力すると、検索結果に「ディスククリーンアップ」が表示されるので、そこから起動するのが早いです。

スキャン

起動したら、確認したいドライブ(多くの場合Cドライブで問題ないでしょう)を選び、OKをクリックします。

スキャンが終わると、システムから安全に削除できるファイルが種類別に表示され、ごみ箱の中身・アプリの一時ファイルなどが選択できますが、ここでは実行せずに「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

Memo

「システムファイルのクリーンアップ」を実行するには、管理者権限が必要です。

すると、Wndowsアップグレードログファイルなども削除対象として選択が可能になります。

削除項目の選択とクリーンアップ実行

削除する項目を選択したら「OK」をクリックして「ファイルを削除」をクリックすれば、削除処理がはじまります。

まとめ

ゴミデータの削除は、Windowsマシンを快適な状態で利用するために必要な作業です。定期的な実行をおすすめします。