windows10:April 2018 Updateのおすすめ新機能1

2018年4月30日にWindows10の大型アップデート「April 2018 Update(バージョン 1803)」の配信が開始されました。すでに導入している方もいると思いますが、ここでは、今回のアップデートでの新機能や変更点から、個人ユースでおすすめしたい新機能をかいつまんで紹介したいと思います。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

項目
製品 Windows10 Professional 64bit
バージョン 1803(April 2018 Update)

タスクビューに「タイムライン(作業履歴)」が追加

タスクビューでは、実行されているアプリケーションのサムネイルが表示されますが、バージョン1803では、新たに履歴が表示されるようになり、さらにこの情報を複数のデバイスで同期することができるようになりました。

タスクビューに対応したアプリケーション(Microsoft Office、Microsoft Edgeなど)に限られますが、開いたファイルやWebページがタスクビューの下段にアクティビティアイコンとして日ごとに表示されます。また、右上の検索ボックスを使って、履歴をフィルタリングすることもできます。

Microsoft Edge自体にも閲覧履歴機能がありますが、タイムラインのほうがわかりやすく表示されており、ワンクリックで起動できるのがいいですね。

タイムラインの設定は、「設定」>「プライバシー」>「アクティビティ履歴」から行います。

Microsoft Edgeにタブの消音(ミュート)機能が追加

Microsoft Edgeの開いているタブで音声が再生されている場合に、タブにスピーカーアイコンが表示されるようになりました。このアイコンをクリックすれば、音を消すことができます。

音声が再生されている状態:

音声が消音(ミュート)されている状態:

Microsoft Edgeは、Windows10の標準ブラウザですが、ChromeやFirefoxに比べて使いやすさの点でイマイチ感がありますが、徐々に機能を充実させてきています。

ローカルアカウントのパスワードリセットが簡単に

これまでのWindows10では、ローカルアカウントのパスワードをリセットする場合、管理者権限を持つ他のユーザーでログオンして、対象アカウントのパスワードをリセットするか、パスワードリセットディスクをあらかじめ作成しておく必要があり、少々面倒でした。

バージョン1803では、ローカルアカウントを新規作成するときに、パスワードを忘れてしまった場合に備えて秘密の質問を設定できるようになりました。これで、ユーザー自身がパスワードを簡単にリセットすることができるようになります。

ワークグループ環境のマシンでローカルアカウントを利用する場合に役立ちそうです。

なお、秘密の質問は以下の選択肢から3つ設定する必要があります。

秘密の質問を設定してアカウントを作成しておけば、ログオン時にパスワードを間違えると「パスワードのリセット」のリンクが表示され、クリックすると以下のように秘密の質問を入力する画面が表示されます。ここで、アカウント作成時に設定した答えを入力することで、パスワードをリセットできるようになります。

集中モード

以前のバージョンで「非通知モード」と呼ばれていた機能です。この機能を利用すれば、通知を完全に停止したり、指定した通知だけを受け取るようにできます。誰にもジャマされずに集中して作業したいときに役立てそうです。

この機能を使うには「アクションセンター」で「集中モード」ボタンをクリックします。

細かく設定したい場合は「設定」>「システム」>「集中モード」で設定できます。

診断データビューアー

Windows10のリリース当初、Windowsが診断データを収集しMicrosoft社へ送信していることが問題になりました。そこで、バージョン1803で「診断データビューアー」が搭載され、どんなデータが収集され、Microsoftに送信されているかを確認することができるようになりました。

診断データビューアーは「設定」>「プライバシー」>「診断&フィードバック」で「診断データビューアー」をオンに設定し、「診断データビューアー」ボタンををクリックし起動します。初回起動時はMicrosoft Storeから「Diagnostic Data Viewer」を入手する必要があります。

「診断データビューアー」を開くと、左側にMicrosoftに送信された診断イベントが表示されており、それぞれの診断イベントをクリックすると、右側で詳細情報(JSON形式)を確認できます。 

まとめ

いかがだったでしょうか。

これ以外にも、今回のアップデートで以下のような新機能が搭載されています。それらについてはまた別の機会に紹介したいと思います。

  • Windows Defender Application Guard
  • Microsoft Storeでフォントを購入できるように
  • SSHにネイティブで対応
  • ファイルやURLを簡単にBluetooth経由で送れる“近くの共有”
  • HEIF形式の標準サポート
スポンサーリンク