ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

最近では、大容量のファイルを転送する方法として、クラウドストレージの共有機能を利用する方法がよく紹介されていますが、クラウドストレージには、ファイルサイズの制限があったり、共有設定が面倒なケースもあります。

そのようなときにおススメしたいのが、ユーザー登録不要で200GBまでのファイルをカンタンな手順で転送できる無料オンラインサービス「ギガファイル便」です。

そこで、ここでは「ギガファイル便」の概要と使い方を紹介します。

「ギガファイル便」とは

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

無料大容量 ファイル転送サービス GigaFile(ギガファイル)便

「ギガファイル便」は、メールで送れないような大容量のファイルをカンタンに転送できる、ユーザー登録不要の無料ウェブサービスです。

転送可能なファイルサイズは、1ファイル最大200GBとなっており、アップロードしたファイルは、最大で60日間保持させることができます。

さらに、ダウンロードパスワードの設定や、多数のファイルを1つのファイルにまとめる機能、ダウンロードの通知機能など、オプションも充実しています。

Memo

ギガファイル便は、当初ファイルのアップロードやダウンロードが遅いと言われていましたが、現在ではほぼ解消されています。

ギガファイル便の安全性について

無料のファイル転送サービスを利用する場合、サービスの安全性が気になりますが、ギガファイル便では、次のような点で安全性は高いと言えます。

  • アップロードされたファイルに危険性がないかをチェックしてくれます。
  • ファイルにパスワードを設定したり、ダウンロード後にすぐファイルを削除するなど、利用者側でも安全性を高めることできます。
  • ユーザー登録が不要なので、個人情報が漏れるリスクがありません。

なお、機密性を要求されるファイルの転送は、ギガファイル便を含め無料サービスの利用は避けるべきでしょう。

「ギガファイル便」の使い方

ファイルのアップロード

まず、Webブラウザでギガファイル便のページへアクセスし、ページ中段あたりにあるアップロードフォームで、これからアップロードするファイルの保持期限(7日・14日・21日・30日・60日)を設定します。

無料大容量 ファイル転送サービス GigaFile(ギガファイル)便

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

次に、アップロードしたいファイルを「ここにファイルをドラッグドロップしてください」と記載されている場所にドラッグ&ドロップするか「ファイルを選択」をクリックして選択します。

複数のファイルを一度にアップロードしたり、複数のファイルが保存されているフォルダーごとアップロードすることも可能です。

ここでは例として、画像ファイルを2つアップロードします。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

ファイルのアップロードが完了すると、ファイルごとにダウンロード用のURLが表示されるので、これを相手にメールなどで送って、ファイルをダウンロードしてもらいます。

相手がスマートフォンなどの場合は「QR表示」をクリックして、表示されるQRコード画像を送れば、QRコードからファイルをダウンロードすることもできます。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

ファイルをまとめる

複数のファイルをアップロードした場合、デフォルトではファイルごとにダウンロード用のURLが発行されますが「まとめる」機能を利用すれば、アップロードしたファイルを1つのZIPファイルとしてダウンロードできるURLを発行することができます。

「まとめる」機能は、ファイルのアップロードが終わった後に、一番下に表示されている「まとめる」ボタンをクリックします。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

すると「X個のファイルをまとめました」というポップアップが表示され「OK」をクリックすると、ダウンロード用のURLが発行されます。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

ダウンロードパスワードを設定する

ダウンロード用のパスワードを設定する場合は、「ダウンロードパスワード」欄に半角英数字を1~4文字入力して「設定」をクリックします。

「ファイルをまとめる」機能でダウンロードパスワードを設定する場合は、あらかじめパスワードを設定してから「まとめる」ボタンをクリックします。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

メール送信とダウンロード通知

「メール」タブで「アップロード情報をメールで送信する」にメールアドレスを入力して「送信」をクリックすれ、アップロードされたファイルの情報を、メール送信することができます。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

送信されるメールには、ダウンロード用のURLや削除キー、ダウンロードパスワード、ダウンロード期限などが記載されています。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

「メール」タブの「受け取り確認を行う」では、メールアドレスを入力してオンに設定することで、ファイルがダウンロードされると、指定のメールアドレスに通知してくれます。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

通知メールには、ファイル名やダウンロード日時、ダウンロード回数が記載されています。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

ファイルをダウンロードする

ダウンロード用URLにアクセスすると、ダウンロードページが表示され「ダウンロード開始」ボタンをクリックすることでファイルをダウンロードできます。

なお、ダウンロードパスワードが設定されている場合は、ダウンロードキーを入力しないとダウンロードできません。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

ファイルをまとめたダウンロードURLにアクセスした場合は、ファイルをまとめたZIPファイルをダウンロードしたり、ファイルを個別にダウンロードすることもできます。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

アップロードしたファイルを削除する

アップロードしたファイルは、設定したファイルの保持期限が過ぎると自動的に削除されますが、すぐに削除したいときは、ファイルのダウンロードURLにアクセスして「削除KEY」欄に、アップロード時に表示されていた削除キーを入力して「削除」をクリックすることで、即時で削除することができます。

ギガバイトクラスの大容量ファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおすすめ

あとがき

最近では、大容量のファイルを転送する方法として、クラウドストレージの共有機能を利用する方法がよく紹介されていますが、クラウドストレージ以外の方法で大容量のファイルを送りたいときは「ギガファイル便」がおススメです。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ