Windows10のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法

Windows10のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法

Windows10では、OSのインストールメディアを「メディア作成ツール」を利用して自分で作成することができます。

そこで、ここでは「メディア作成ツール」を利用して、Windows10のインストールメディアを作成する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

インストールメディアを作成する

まず、以下のMicrosoftのページで「ツールを今すぐダウンロード」から「メディア作成ツール」をダウンロードします。

Windows 10 のダウンロード | Microsoft

Windows10のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法

ダウンロードしたファイル「MediaCreationTool20H2.exe」を実行すると「メディア作成ツール」が起動し「ライセンス条項」画面が表示されるので「同意する」をクリックします。

Windows10のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法

「実行する操作を選んでください」画面が表示されるので「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)」を選択して「次へ」をクリックします。

Windows10のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法

「言語、アーキテクチャ、エディションの選択」画面が表示されるので、メディア作成ツールを実行しているWindows10と同じ言語、アーキテクチャ、エディションのメディアを作成したいときは、そのまま「次へ」をクリックします。

それ以外の場合は「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックをオフにしてから、言語、アーキテクチャ、エディションをそれぞれ選択して「次へ」をクリックします。

Windows10のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法

「使用するメディアを選んでください」画面が表示されるので、作成したいメディアの種類を選択して「次へ」をクリックします。

ここでは、例として「ISOファイル」を選択し「次へ」をクリックします。

Windows10のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法

「パスの選択」画面が表示されるので、ISOファイルの保存先と保存ファイル名を指定し「保存」をクリックします。

Windows10のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法

データのダウンローが開始されるので、完了まで待ちます。

約4.7GBのデータがダウンロードされます。

Windows10のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法

ダウンロードが完了すると「ISOファイルをDVDにコピーしてください」画面が表示されるので「完了」をクリックして「メディア作成ツール」を終了します。

Windows10のインストールメディア(DVD、USB)を作成する方法

作成したISOファイルは、そのままマウントして利用したり、DVDなどに書き込んでインストールメディアとして利用できます。

Windows10でイメージファイルを参照したり、DVDなどに書き込む方法
Windows10では、標準機能でDVDやブルーレイディスクにファイルなどのデータを書き込んで、データディスクを作成することができるとと...

以上で、インストールメディアの作成は完了です。

あとがき

Windows10のインストールメディアは、Windows10をインストールするときだけでなく、トラブルシューティングなどでも活用できるので、機能更新のリリースごとに作成しておけば安心でしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ