Search Consoleでインデックスカバレッジのエラーが出たときの対応

「Search Console」は、Googleが提供する無料サービスで、登録することで自分のサイトがGoogleの検索エンジンにどのように認識されているかを確認し、Google検索での自分のサイトを最適化できるようになります。

ここでは、そんな「Search Console」でインデックスカバレッジのエラーが出たときの対処法を紹介します。

エラーが出たときの対処の流れ

エラーの通知

「Google Search Console」のインデックスカバレッジでエラーが検出されると、登録しているメールアドレス宛に以下のようなメールが届きます。

エラー内容を確認する

通知メールの青いボタン「Search Consoleを使用してインデックスカバレッジの問題を修正」をクリックして、Search Consoleの「インデックスカバレッジ」メニューへアクセスします。

すると、エラーが⾚く表⽰されており、下のステータスにエラーがリスト表示されています。

ステータスのエラー⾏をクリックすると、エラーが発生しているページのURLを確認することができます。

エラーを解決する

エラー内容は状況により異なると思いますが、私がこれまでに経験したエラーと解決方法は以下のとおりです。

リダイレクトエラー

参考にならないと思いますが、Webサーバーの前面に配置しているWAFの設定がよろしくなくリダイレクトループが発生している状況でした。WAFの設定を見直すことであっさりと解決しました。

送信されたURLにnoindexタグが追加されています

このエラーは、XMLサイトマップに登録されているにもかかわらず、noindexタグが付いているページが検出されるようです。

noindexタグが付いているページをXMLサイトマップから除外するか、XMLサイトマップに登録されているページからnoidexタグを除去すれば解消します。

エラーの修正を検証する

エラーへの対処が完了したら、Search Consoleで「修正を検証」ボタンをクリックします。

するとSearch Consoleから「問題を検証しています」というメールが届き、Search Consoleの画面上でも検証のステータスが「開始」になります。

エラー検証の完了

検証が完了すると、Search Consoleから「問題が修正されました」というメールが届きます。(検証に要する日数はサイトにより異なると思われます)

メールにある「問題の詳細を確認する」をクリックし、Search Consoleで検証のステータスが「合格」になっていることを確認します。

以上がエラーが出た時の対処の流れとなります。

まとめ

「Search Console」には細かい機能がたくさんあり、私は一部の機能しか使いこなせていないですが、サイトの状態を定期的に確認するという意味でもサイト運営には必携のツールですね。

スポンサーリンク