Windows10を「回復ドライブ」で初期化する方法

Windows10を「回復ドライブ」で初期化する方法

現在のWindows10には、万が一OSの動作に異常が発生した場合に、トラブルシューティングを行ったり、OSを初期化するための方法が複数用意されており、その中の一つに「回復ドライブ」を使った方法があります。

回復ドライブを利用すれば、システムファイルの破損などでWindowsが起動できないような場合でも、回復ドライブからマシンを起動してOSを初期化することができます。

そこで、ここでは事前に作成した「回復ドライブ」を使って、Windows10を初期化する方法を紹介します。

Windows10で「回復ドライブ」を作成する方法
現在のWindows10には、万が一OSの動作に異常が発生した場合に、トラブルシューティングを行ったり、OSを初期化するための方法が複数...
Windows10を「このPCを初期状態に戻す」で初期化する方法
Windows環境には、PCが不調になったときに正常な状態に戻す方法がいくつか用意されており、その中でもWindows10から利用できる...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

「回復ドライブ」を使ってWindows10を初期化する

注意事項

初期化したいPCで事前に作成してある回復ドライブを使用します。別のPCで作成した回復ドライブを使った場合、初期化できない場合があります。

また、同じPCで作成した回復ドライブでも、回復ドライブを作成した時とハードウェア構成が大きく異なる場合、回復ドライブを使って初期化できない場合があります。

まず、事前に作成してある「回復ドライブ(USBメモリ)」を使ってPCを起動します。

一般的なPCだと、起動時に「F8キー」や「F9キー」を押して起動デバイスの選択画面を表示させてUSBメモリからPCを起動させますが、詳しくはPCのマニュアルなどを確認してください。

回復ドライブから起動すると「キーボードレイアウトの選択」画面が表示されるので「Microsoft IME」を選択します。

Windows10を「回復ドライブ」で初期化する方法

「オプションの選択」画面が表示されるので「ドライブから回復する」を選択します。

Windows10を「回復ドライブ」で初期化する方法

「ドライブから回復する」画面が表示されるので「ファイルの削除のみを行う」を選択します。

Memo

初期化したPCを譲渡するときなどは「ドライブを完全にクリーンアップする」を選択することで、初期化前のデータが簡単に回復されることをがないよう削除できますが、処理には数時間を要します。

Windows10を「回復ドライブ」で初期化する方法

削除されるデータについての注意事項が表示されるので、内容を確認してから「回復」をクリックします。

  • このPC上の個人用ファイルとユーザーアカウントはすべて削除されます。
  • このPCに付属していなかったアプリとプログラムはすべて削除されます。
  • このPCに接続された回復ドライブからWindowsが再インストールされます。
  • システムドライブのパーティションを変更している場合は、既定のパーティションが復元されます。

Windows10を「回復ドライブ」で初期化する方法

Windows10の初期化が開始されるので、処理が完了するまで待ちます。

なお、初期化中は何回か自動的に再起動します。

Windows10を「回復ドライブ」で初期化する方法

初期化が完了すると、Windows10の初期設定画面が表示されるので、順に設定を行います。

Windows10を「回復ドライブ」で初期化する方法

以上で、初期化完了です。

環境にもよりますが、上の手順で「ファイルの削除のみを行う」を選択した場合、おおむね1時間ほどで初期化は完了するでしょう。

なお、回復ドライブを利用してWindows10を初期化すると、そのWindows10は回復ドライブが作成された時点のバージョン・ビルドに戻ります。

あとがき

「回復ドライブ」を使ってWindows10を初期化する場面は、ほとんどないかもしれませんが、その万が一に備えて、回復ドライブ作成方法やや回復ドライブを使った初期化方法をおさえておけば安心です。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る