Windows10でディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

Windows10でディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

Windows10では、パソコンを一定時間操作していないと自動的にディスプレイの電源が切れるよう設定することができます。

この設定により、無駄な消費電力を抑えることができるメリットがありますが、ディスプレイを見ながら考え事をするようなときは、考えている最中にディスプレイの電源が切れては困るという場合もあるでしょう。

そこでここでは、Windows10でディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法を紹介します。

Windows10でロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法
ここでは、Windows10で電源の詳細設定からロック時にディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

ディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する

ディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する手順は、次のとおりです。

まず、スタートメニューなどからWindowsの「設定」アプリを起動して、一覧から「システム」を選択します。

Windows10でディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

「システム」設定画面が表示されたら、画面左側のメニューから「電源とスリープ」を選択します。

Windows10でディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

「電源とスリープ」画面で「次の時間が経過後、ディスプレイの電源を切る」のボックスをクリックし、表示された一覧から任意の時間をクリックします。

ノートパソコンなどの場合は「電源に接続時」と「バッテリー駆動時」それぞれで設定することができます。

Windows10でディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

なお、選択可能な時間は、1分~5時間まで用意されており、「なし」を選択した場合は、ディスプレイの電源が自動的に切れないよう設定することもできます。

Windows10でディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する方法

以上で設定完了です。

Windows10でタスクトレイから画面の明るさを調節するなら「Twinkle Tray」
ここでは、接続されているディスプレイの明るさをWindows10のタスクトレイからカンタンに調節できるアプリ「Twinkle Tray」の使い方を紹介します。

あとがき

Windows10のデフォルト設定では「10分」でディスプレイの電源が切れる設定になっていますが、資料作成などを行う場合は10分では短い気がします。

ディスプレイの電源が切れるまでの時間が「長い」「短い」と感じる方は、時間を調整してみるのが良いでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ