Word, Excelファイルのアイコンに縮小版(サムネイル)を表示する方法

Word, Excelファイルのアイコンに縮小版(サムネイル)を表示する方法

Word(ワード)、Excel(エクセル)などでファイルを作成すると、作成したファイルのアイコンは、通常は以下のようにそれぞれのアプリに対応したアイコンが表示されます。

Word, Excelファイルのアイコンに縮小版(サムネイル)を表示する方法

このようなOffice形式ファイルがたくさん保存しているフォルダーから目当てのファイルを探す場合、ファイル名から内容を推測するか、ファイルを開いて確認するなどが一般的な方法ですが、同じような名前のファイルがたくさんあるような場合は、目当てのファイルにたどり着くのも一苦労です。

そんなときは、ファイルのアイコンに縮小版を表示することで、ファイルを開かずにおおよその内容をアイコンから把握できるようになり、目当てのファイルも探しやすくなります。

Word, Excelファイルのアイコンに縮小版(サムネイル)を表示する方法

そこで、ここではWord形式ファイルを例に、ファイルのアイコンに縮小版を表示させる方法を紹介します。

なお、Excel形式ファイルも同様の手順で縮小版を表示させることができます。

Windows10でPDFファイルを縮小表示(サムネイル)やプレビュー表示する方法
ビジネスで利用する電子ドキュメントのスタンダードといえば「PDF」です。 Windows10では、デフォルトでMicrosoft Ed...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2
Microsoft Word for Microsoft 36516.0.13426.20308

縮小版を表示する

Wordファイルのアイコンに縮小版を表示させるかは、ファイルを保存するときに設定し、手順は次のとおりです。

まず、縮小版を表示させたいWordファイルを開き「ファイル」タブをクリックします。

Word, Excelファイルのアイコンに縮小版(サムネイル)を表示する方法

「ホーム」画面が表示されたら、左側のメニューから「名前を付けて保存」を選択し、保存ファイル名の指定箇所にある「その他のオプション」をクリックします。

Word, Excelファイルのアイコンに縮小版(サムネイル)を表示する方法

「名前を付けて保存」画面が表示されるので「縮小版を保存する」にチェックを入れて、ファイルを保存します。

Word, Excelファイルのアイコンに縮小版(サムネイル)を表示する方法

以上で、デスクトップや、エクスプローラーでファイルの表示に「大アイコン」や「特大アイコン」を選択すると、ファイルのアイコンに縮小版が表示されるようになります。

Memo

既存のWordファイルを開いて上の方法を行っても、縮小版が表示されない場合があります。そのときは、既存のファイルを別名で保存し直せば表示されるようになります。

Word, Excelファイルのアイコンに縮小版(サムネイル)を表示する方法

なお、一度「縮小版を保存する」にチェックを入れてファイルを保存すると、以降は「縮小版を保存する」にチェックが入った状態が既定値になります。

また、縮小版を保存することでファイルサイズは5KB程度大きくなります。

Memo

Windows環境で、上の設定を行ってもファイルの縮小版が表示されないときは、Windowsの設定でファイルの縮小表示がオンになっているか確認しましょう。

確認方法は、以下の記事をご参照ください。

Windows10でファイルの縮小(サムネイル)表示をオフにする方法
Windows環境には、ファイルを開かずに内容を把握できる「縮小(サムネイル)表示」機能が搭載されており、画像ファイル・動画ファイルなど...

あとがき

WordやExcelで作成したファイルをたくさん保存しているなら、縮小版を表示させることで、目当てのファイルを見つけやすくなりますよ。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ