Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

Word(ワード)で文書ファイルを作成する場合、文書の内容によっては、読み取りや書き込みを制限したいことがあります。

そのようなときは、読み取りや書き込みをするためのパスワードを設定することで文書を保護することができます。

そこで、ここではWordの文書ファイルにパスワードを設定して読み取りや書き込みを制限する方法を紹介します。

Word(ワード)で文書の一部のみ編集を制限する方法
Word(ワード)で、多数の人が開く可能性のある文書ファイルを作成する場合、誤ってファイルを編集されることがないよう制限したいときがあり...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2
Microsoft Word for Microsoft 36516.0.13530.20062

文書の読み取りや書き込みを制限する

文書ファイルに読み取りや書き込みのパスワードを設定すれば、パスワードによる認証なしでは文書ファイルを読み取れなくしたり、書き込めないようにできます。

手順は、次のとおりです。

まず、対象の文書ファイルを開いて「ファイル」タブをクリックします。

Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

「ホーム」画面が開くので、左側のメニューから「名前を付けて保存」を選択して「その他のオプション」をクリックします。

Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

「名前を付けて保存」画面が表示されるので「保存」ボタンの左にある「ツール」をクリックして「全般オプション」を選択します。

Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

「全般オプション」画面が表示されるので「読み取りパスワード」や「書き込みパスワード」にパスワードを設定して「OK」をクリックします。

「読み取りパスワード」を設定すると、文書ファイルを開くのにパスワードが必要になり「書き込みパスワード」を設定すると、文書ファイルを編集するにパスワードが必要になります。

Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

パスワードの確認画面が表示されるので、設定したパスワードを再度入力して「OK」をクリックします。

Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法
Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

「名前を付けて保存」画面に戻ったら、ファイルの保存場所とファイル名を指定して「保存」をクリックします。

Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

以上で完了です。

制限したファイルしたファイルを開くと

読み取りパスワードを設定したファイルを開くと、以下のような画面が表示され、パスワードを入力しないと、文書ファイルを開くことはできません。

Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

書き込みパスワードを設定したファイルを開くと、以下のような画面が表示され、パスワードを入力しないと、文書ファイルへ書き込みことはできません。

なお、左下に表示されている「読み取り専用」をクリックすることで、文書ファイルを開くことはできます。

Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

パスワード設定を解除するときは

パスワード設定を解除するときは、設定するときと同じ画面を開いて、パスワードを空にしてファイルを保存することで解除できます。

Word(ワード)で文書ファイルの読み取りや書き込みを制限する方法

あとがき

企業などでは、Wordを利用して文書ファイルを作成することが多いですが、内容によっては読み取りや書き込みを制限したいときがあります。

そのようなときに活用ください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ