ハードディスクの故障の前兆をいち早く察知する方法

ハードディスクの故障の前兆をいち早く察知する方法

私たちが普段利用しているPCは、さまざまなハードウェアで構成されており、長くPCを利用していると、多かれ少なかれ何らかの故障が発生します。

ハードウェアに故障が発生した時も、故障個所によっては、故障してから該当のパーツを交換すれば元に戻ることもありますが、データが保存されているハードディスクだけは故障の前兆をいち早く把握しないと、故障してからでは、大事なデータを消失してしまう可能性があります。

そこで、ここではハードディスクの故障の前兆をいち早く察知する方法を紹介します。

異常な動作がないかチェックする

ハードディスクの故障の前兆をいち早く察知する方法

故障の前兆として最も気づくことが多いのが、動作に異常が起こるケースです。

ハードディスクやSSDでは、故障の前兆として以下のような症状が発生することが多いので、まずはこのような症状が発生していないかチェックします。

  • PCの速度が遅くなる
  • 頻繁にフリーズする
  • BSODが発生する(Windowsの場合)
  • フォルダーやファイルがなくなる
  • ファイルの処理(開く・保存する・移動するなど)時にエラーが発生する
  • ファイルが壊れて開けなくなる
  • ハードディスクから異音がする

もちろん、これらの症状が出たからといって、必ずしもハードディスクの故障が原因と断定できるものではありませんが、複数の症状が出ているほどその可能性は高くなります。

S.M.A.R.Tステータスをチェックする

ハードディスクの故障の前兆をいち早く察知する方法

上のように目に見えて異常な動作が発生していなくても、内部的に故障の前兆が発生している場合もあります。

内部的な故障の前兆は、ハードディスクやSSDに搭載されている、S.M.A.R.T(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology )と呼ばれる自己診断機能の情報から確認することができます。

ハードディスクやSSDのS.M.A.R.Tの状態を確認するには、Windows環境なら「CrystalDiskInfo」などのサードパーティのツールが便利です。

Windows10でハードディスクの状態(故障の前兆)を確認する「CrystalDiskInfo」
パソコンを構成しているハードウェアの中で、一番故障の確率が高いのがハードディスク(HDDやSSD)です。HDDやSSDは消耗品のため、い...

重要なデータを保存しているなら、定期的にS.M.A.R.Tの情報も確認しておけば安心です。

あとがき

ハードディスクやSSDに故障の前兆が出た場合、該当のディスクに保存しているデータのバックアップを採っていないときは、一刻も早くデータを安全な場所にコピーするなどの対応を行いましょう。

また、故障したハードディスクやSSDを交換した時は、古いハードディスクやSSDはそのまま廃棄せず、可能な限りデータを完全に消去してから廃棄しましょう。

Windows10でディスク上のデータを「diskpart」で完全消去する方法
古いハードディスク(HDDやSSD)を譲渡・売却・廃棄するとき、手放す前にデータを消去するのは必須の作業ですが、データの消去方法(ファイ...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る