Word(ワード)で原稿用紙に文章を入力する

Word(ワード)で原稿用紙に文章を入力する

Word(ワード)には「原稿用紙設定」という機能が搭載されており、原稿用紙に文字を入力して文書作成することができます。

そこで、ここではWordで「原稿用紙設定」を利用して、原稿用紙に文章を入力する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 20H2
Microsoft Word for Microsoft 365 16.0.13530.20062

原稿用紙を設定する

まず、Wordで新規文書などを開き「レイアウト」タブの「原稿用紙」にある「原稿用紙設定」をクリックします。

Word(ワード)で原稿用紙に文章を入力する

「原稿用紙設定」画面が表示されるので、次のように設定し「OK」をクリックします。

  • スタイル - 「マス目付き原稿用紙」を選択
  • 文字数 x 行数 - 「20 x 20」を選択
  • 用紙サイズ - A4を選択
  • 印刷の向き -  [縦] にすると横書きに、[横] にすると縦書き
  • 句読点がはみ出さないよう「句読点のぶら下げを行う」のチェックを外す
  • ヘッダーやフッターには、ページ数や作成者なども表示できるので、お好みで

Word(ワード)で原稿用紙に文章を入力する

以上で、文書作成画面が原稿用紙になり、マス目に合わせて文字を入力できるようになります。

Word(ワード)で原稿用紙に文章を入力する

なお、すでに作成された文書も、原稿用紙設定を行うことで、原稿用紙のマスに沿った入力に変更することができます。(半角文字は全角に修正する必要がありますが)

Word(ワード)で文書内の全角/半角を統一(変換)する方法
Word(ワード)で文書を作成していると、数字やアルファベットなどが全角で入力されていたり、半角で入力されていたりと、文書内で半角/全角...

原稿用紙設定を解除する

原稿用紙設定を解除して、通常のレイアウトに戻したいときは、設定時のと同じように「レイアウト」タブの「原稿用紙」にある「原稿用紙設定」をクリックし、「原稿用紙設定」画面で、スタイルから「原稿用紙の設定にしない」を選択して「OK」をクリックします。

Word(ワード)で原稿用紙に文章を入力する

以上で、通常のレイアウトに戻り、入力していた内容も維持されます。

Word(ワード)で原稿用紙に文章を入力する

原稿用紙設定から通常に戻した画面

あとがき

原稿用紙に文書を作成するときに便利な機能ですが、原稿用紙に手書きしたいときも、市販の原稿用紙をわざわざ買いに行かなくても、Wordで原稿用紙の枠を作成して、印刷して利用するという使い方もできるでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る