Word(ワード)で文書を段組みにする方法

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

Word(ワード)で文字中心の文書を作成していると、デフォルトの1段組みの構成では文字が詰まっていて読みづらく感じるときがあります。

そのようなときは、新聞や雑誌のように2段組みや3段組みにすることで、文書に適度なスペースができて読みやすくなります。

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

そこで、ここではWordで文書を段組みにする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 20H2
Microsoft Word for Microsoft 365 16.0.13426.20308

文書を段組みにする

段組みは、文書全体もしくは特定の範囲を対象に設定でき、ここでは、例としてデフォルトの1段組みの文書を2段組みにする方法を紹介します。

段組みにしたい文書を開いて「レイアウト」タブの「ページ設定」にある「段組み」をクリックし「2段」を選択します。

文書中の特定の範囲のみを段組みにしたいときは、最初に段組みにしたい範囲を選択してから「レイアウト」タブの「ページ設定」にある「段組み」をクリックし「2段」を選択します。

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

以上で、文書全体、もしくは特定の範囲が2段組みになります。(以下は、特定の範囲を2段組みにした画面です。)

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

なお、段組みのメニューには3段までしか表示されていませんが「レイアウト」タブの「ページ設定」にある「段組み」をクリックし「段組みの詳細設定」を選択すれば、段組みの設定画面が表示されるので、ここで任意の段数を指定できます。

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

段組み設定の調整

段の境界に線を引く

段の境界に線を引きたいときは、段組みを設定している箇所にカーソルを合わせた状態で「レイアウト」タブの「ページ設定」にある「段組み」をクリックし「段組みの詳細設定」を選択します。

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

「段組み」画面が表示されるので「境界線を引く」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

以上で、段の境界に線が引かれます。

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

なお、境界線の線種や色は変更できないので、好みの線種や色で境界線を引きたいときは、境界線が表示される場所に、図形として「直線」を配置するなどの対応が必要です。

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

段の境界線として赤色の直線を配置した画面

2段目の開始位置を調整する

段組みを設定した場合、どこから2段目が開始されるかは自動的に設定されますが、2段目の開始位置を自分で指定することができます。

その場合は、2段目の開始位置にしたい場所をクリックしてカーソルをおいた状態で「段区切り」を挿入します。

段区切りは「レイアウト」タブの「ページ設定」にある「区切り」をクリックして「段区切り」を選択するか、ショートカットキー「Ctrl+Shift+Enter」キーを押して挿入します。

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

以上で、カーソルの位置に段区切りが挿入され、2段目に段落が移動します。

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

1段に戻す

段組みが設定されている箇所には、セクション区切りが挿入されており、段組みを解除してデフォルトの1段に戻す場合は、「段組み」の種類で「1段」を選択するのに合わせて、セクション区切りも削除する必要があります。

なお、セクション区切りは編集記号と呼ばれ、デフォルトでは表示されていないので「ホーム」タブの「段落」にある「編集記号の表示/非表示」をクリックして、編集記号を表示させてから、文字を削除するときと同じように「Delete」キーなどで削除します。

Word(ワード)で文書を段組みにする方法

あとがき

段組みの設定画面では、段ごとの幅や段の間隔も調整できるので、文字中心の文書を見やすくレイアウトしたいときに「段組み」の活用も選択肢としてアリですよ。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る