Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

Word(ワード)では、文書内に画像や図形(オートシェイプ)などのオブジェクトを挿入することができます。

文書内に挿入された画像や図形は、配置方法として「行内配置」と「浮動配置」があり、浮動配置を選択すると比較的自由な位置にオブジェクトを配置できますが、挿入したオブジェクトをきれいに整列させるのは、マウス操作だけではなかなか難しいです。

そこでここでは、Word(ワード)で文書に挿入した複数のオブジェクトをきれいに整列させる方法を紹介します。

Excel(エクセル)で図形を作成/整列させるときのテクニック
ここでは、Excel(エクセル)で図形を作成するときや整列させるときのテクニックを紹介します。
Word(ワード)で「描画キャンバス」を使って図形を挿入するメリットとは?
ここでは、Word(ワード)で描画キャンバスを使って文書内に図形(オートシェイプ)や写真を挿入する方法や、描画キャンバスならではの使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2
Microsoft Word for Microsoft 36516.0.14701.20146

配置ガイドに合わせて整列する

Wordでは、図形の位置決めを支援する機能として、段落の位置やページの中央、余白の境界線が分かる線を表示する機能「配置ガイド」があります。

配置ガイドを表示するには「レイアウト」メニューの「配置」をクリックして「配置ガイドを使用」を選択します。

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

すると、図形などのオブジェクトを移動したときに、段落の位置やページの中央、余白の境界線が分かる緑色の線が表示されるようになります。

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

図形などのオブジェクトを、段落や余白との境界、ページの中央に整列するだけなら「配置ガイド」で十分でしょう。

グリッド線に合わせて整列する

Wordでは、図形の描画や位置決めを支援する機能として「グリッド線」があり、画像や図形などオブジェクトをグリッド線上に強制することができます。

グリッド線を表示するには「レイアウト」メニューの「配置」をクリックして「グリッドの設定」を選択します。

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

「グリッドとガイド」画面が表示されるので、「グリッド線の設定」と「グリッドの表示」で、グリッド線を表示するかやグリッドの表示間隔を設定します。

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

たとえば、つぎのように設定すると、以下の画像のようにグリッド線が表示されます。

  • 文字グリッド:0.5字
  • 行グリッド:0.5行
  • 文字グリッドの表示間隔:1本
  • 行グリッドの表示間隔:1本

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

文書上の図形などのオブジェクトはグリッド線上に強制されるため、オブジェクトをドラッグすれば比較的簡単に位置合わせができます。

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

整列機能を使って整列する

整列させたい画像や図形が多い場合や、用紙や余白に合わせて整列させたいときは、整列機能を使って整列するのがおススメです。

手順は、次のとおりです。

まず「ホーム」メニューの「編集」>「選択」から「オブジェクトの選択」をクリックして、整列させたい図形などのオブジェクトをドラッグ操作で囲むなどしてすべて選択します。

Memo

CtrlキーやShiftキーを押しながらオブジェクトをクリックして複数選択することもできます。

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

オブジェクトを選択したら「レイアウト」メニューの「配置」をクリックして、まず並べ方の基準を指定します。

  • 選択したオブジェクトを揃える - 選択したオブジェクトの位置関係に応じて整列します。(デフォルト)
  • 用紙に合わせて配置 - 用紙の端を基準にして整列します。
  • 余白に合わせて配置 - 本文領域の端を基準にして整列します。

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

つぎに、もう一度「レイアウト」メニューの「配置」をクリックして、整列方法を選択します。

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

たとえば、並べ方の基準に「選択したオブジェクトを揃える」を指定して、整列方法として「上揃え」の後に「左右に整列」を選択すると、以下のように整列できます。

Word(ワード)で図形などのオブジェクトをキレイに整列させる方法

なお、並べ方の基準に「選択したオブジェクトを揃える」を指定している場合、「左揃え」を選択すると一番左にあるオブジェクトを基準に整列され、「右揃え」を選択すると一番右にあるオブジェクトを基準に、「上揃え」なら一番上のオブジェクトを基準に、「下揃え」なら一番下のオブジェクトを基準に整列されます。

あとがき

複数の画像や図形などのオブジェクトが挿入された文書を作成する場合、オブジェクトがきれいに整列されているのとそうでないのとでは、文書に対する印象が大きく違ってくるので、是非マスターしておきましょう。

Microsoft Officeで図形を描くときに覚えておきたい便利機能
仕事などでの文書作成や表計算、プレゼン資料の作成で利用されている方が多いWord、Excel、PowerPointには、オートシェイプと...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。