Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

Excel(エクセル)で資料などを作成していて、ワークシート上にほかのアプリのスクリーンショットを挿入したいとき、Windows環境の方なら、Windowsのスクリーンショット機能を利用したり、サードパーティーのスクリーンショットツールを利用する方法がまず思いつきますが、実は、Excelの機能だけでスクリーンショットをワークシートに貼り付けることができます。

そこでここでは、Excelの機能だけで、ワークシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法を紹介します。

Windows10でスクリーンショットの撮影/画像編集するなら「Screenpresso」がおすすめ!
ここでは、Windows10で画面を画像として保存&編集できるツール「Screenpresso(無料版)」の使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2
Microsoft Excel for Microsoft 36516.0.13426.20120

別アプリのウィンドウを貼り付ける

Memo

貼り付けたいアプリのウィンドウは開いておく必要があり、タスクバーに最小化されたアプリのウィンドウは貼り付けることができないのでご注意ください。

ワークシートに、別アプリのウィンドウを貼り付けたいときは、貼り付けたい場所のセルを選択した状態で「挿入」タブの「図」にある「スクリーンショット」をクリックします。

Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

すると「使用できるウィンドウ」画面に現在開いているウィンドウの一覧が表示されるので、この中から貼り付けたいアプリのウィンドウを選択します。

Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

以上で、選択したアプリのスクリーンショットが挿入されました。

下の画面では、Wordの画面を貼り付けています。

Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

なお、Webブラウザなど、アプリケーションによってはウィンドウが黒く表示されて、正常にスクリーンショットを貼り付けられない場合もあるようなのでご注意ください。

Windows10の「切り取り&スケッチ」アプリでスクリーンショットを撮影する方法
ここでは、Windows10で「切り取り&スケッチ」アプリを使ってスクリーンショットを撮影する方法を紹介します。

任意の画面範囲を貼り付ける

デスクストップの任意の画面範囲を貼り付けたいときは、貼り付けたい場所のセルを選択した状態で「挿入」タブの「図」にある「スクリーンショット」から「画面の領域」をクリックします。

Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

すると、デスクトップ全体が白っぽい画面に変わるので、貼り付けたい範囲をドラッグし、範囲が決まったらマウスを離します。

Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

以上で、ワークシートに画面が切り替わり、指定した範囲のスクリーンショットが挿入されます。

Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

貼り付けた後にトリミングしたいときは

ワークシートに貼り付けたスクリーンショット(画像)をトリミングしたいときは、貼り付けた画像を選択した状態で「図の形式」タブの「トリミング」をクリックします。

Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

すると、画像の周囲に黒いトリミングハンドルが表示されるので、必要な部分だけが残るように、トリミングハンドルをドラッグします。

Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

必要な部分を選択したら、再度「トリミング」をクリックすれば、必要な部分だけにトリミングできます。

Excel(エクセル)の機能だけでシート上にスクリーンショットを貼り付ける方法

あとがき

この機能はOffice共通の機能で、ExcelだけでなくWordやPowerPointでも利用できるので、覚えておけば、いざというときに役立ちますよ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。