Chromeブラウザの内蔵PDFビューアーがバージョン87でより使いやすく

Chromeブラウザの内蔵PDFビューアーがバージョン87でより使いやすく

2020年11月17日に、リリースされたGoogle Chrome(以下、Chromeブラウザ)のバージョン87では、起動やページ読み込みの高速化、省電力化、タブ検索機能の追加などが行われており、それに加えて、試験機能として内蔵のPDFビューアーもより使いやすく進化しています。

そこで、ここではChromeブラウザのバージョン87で、新しいユーザーインターフェースのPDFビューアーを利用する方法を紹介します。

Memo

なお、Chromeブラウザのバージョンによっては、本機能を利用できない場合や、試験機能を有効化しなくても、標準機能として利用できる場合があります。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Google Chrome87.0.4280.66

新しいPDFビューアーを利用するには

新しいユーザーインターフェースのPDFビューアーを利用するには、以下の方法で有効化する必要があります。

まず、Chromeを開き、オムニボックス(アドレスバー)に「chrome://flags」と入力し、エンターキーを押します。

Chromeブラウザの内蔵PDFビューアーがバージョン87でより使いやすく

以下の画像のように試験機能に関する設定画面が表示されるので、上部にある検索ボックスに「PDF Viewer Update」と入力し、エンターキーを押します。

Chromeブラウザの内蔵PDFビューアーがバージョン87でより使いやすく

すると、設定項目が絞り込まれるので、「PDF Viewer Update」の右側に表示されている「Default」をクリックして、選択肢から「Enabled」を選択し、設定を反映するために、右下の「Relaunch」をクリックしてChromeブラウザを再起動します。

Chromeブラウザの内蔵PDFビューアーがバージョン87でより使いやすく

以上で設定完了です。

新しいPDFビューアーの画面

以下に、これまでのPDFビューアーと新しいPDFビューワー画面を掲載していますが、新しいビューアーでは、ユーザーインターフェースが改善されて、上部メニューに各種機能(ズーム、ページフィット、回転、拡大/縮小)が集約され、画面左側には各ページのサムネイルが表示され、ページの移動もやりやすくなりました。

Chromeブラウザの内蔵PDFビューアーがバージョン87でより使いやすく

従来のPDFビューアーの画面

Chromeブラウザの内蔵PDFビューアーがバージョン87でより使いやすく

新しいPDFビューアーの画面

Windows版ChromeブラウザのPDFビューアー機能でできること
ビジネスでやり取りする電子ファイルの定番である「PDF」ファイルを操作する場合、専用のPDF編集・閲覧ツールを利用するのが一般的ですが、...

あとがき

PDFファイルの閲覧に専用のビューアーソフトをインストールするまでもない場合は、ChromeブラウザのPDFビューアーで十分ではないでしょうか。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ