Excel(エクセル)で平均・最大・最小・平方根を計算する方法

Excel(エクセル)で平均・最大・最小・平方根を計算する方法

Excel(エクセル)で、平均・最大・最小・平方根を計算する場合、それぞれに対応した関数が用意されています。

そこで、ここではExcelの関数などを利用して、平均・最大・最小・平方根を計算する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 20H2
Microsoft Excel for Microsoft 365 16.0.13426.20120

平均を求める(AVERAGE関数)

セル範囲の平均を求めるときは「AVERAGE」関数を利用します。

AVERAGE関数の書式は、次のとおりです。

=AVERAGE(セル範囲)

たとえば、B2セルからB11セルに入力されている点数の平均点をE2セルに表示するには、E2セルに次のように数式を入力します。

=AVERAGE(B2:B11)

Excel(エクセル)で平均・最大・最小・平方根を計算する方法

最大値を求める(MAX関数)

セル範囲の最大値を求めるときは「MAX」関数利用し、書式は次のとおりです。

=MAX(セル範囲)

たとえば、B2セルからB11セルに入力されている点数から、最高得点(最大値)をE3セルに表示するには、E3セルに次のように数式を入力します。

=MAX(B2:B11)

Excel(エクセル)で平均・最大・最小・平方根を計算する方法

最小値を求める(MIN関数)

セル範囲の最小値を求めるときは「MIN」関数を利用し、書式は次のとおりです。

=MIN(セル範囲)

たとえば、B2セルからB11セルに入力されている点数から、最低得点(最低値)をE4セルに表示するには、E4セルに次のように数式を入力します。

=MIN(B2:B11)

Excel(エクセル)で平均・最大・最小・平方根を計算する方法

平方根を求める(SQRT関数)

平方根を求める場合は「SQRT」関数を利用する方法と、べき乗演算子「^(キャレット)」を利用する方法があります。

SQRT関数の書式は、次のとおりです。

=SQRT(セル参照)

たとえば、A2セルの平方根をB2セルに表示するには、B2セルに次のように数式を入力します。

=SQRT(A2)

Excel(エクセル)で平均・最大・最小・平方根を計算する方法

べき乗演算子「^(キャレット)」を利用する場合は、0.5(1/2)乗することで平方根を求めることができます。

たとえば、べき乗演算子を使ってA2セルに入力されている数値の平方根をC2セルに求める場合は、C2セルに次のように計算式を入力します。

=A2^0.5 または =A2^(1/2)

Excel(エクセル)で平均・最大・最小・平方根を計算する方法

Memo

なお、表示される小数点以下の桁数は、セルの表示形式がデフォルトの「標準」では9桁までで、表示形式を「数値」にすると最大15桁まで表示できます。

あとがき

なお、平均・最大・最小については、よく利用する関数として「ホーム」タブの「編集」にある「オートSUM」右の「▼」ボタンから利用することもできます。

Excel(エクセル)で平均・最大・最小・平方根を計算する方法

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る