Excel(エクセル)で月末を素早く入力する方法(EOMONTH関数)

Excel(エクセル)で月末を素早く入力する方法(EOMONTH関数)

Excel(エクセル)で請求書などを作成している場合、月末や翌月末の日付を入力したいことがありますが、月末は30日の月もあれば31日の月もあり、2月ならさらにうるう年もあり、直接入力していれば、誤った日付を入力してしまうこともあるでしょう。

そんなときに活用したいのが「EOMONTH」関数です。

そこで、ここではEOMONTH関数の使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 20H2
Microsoft Excel for Microsoft 365 16.0.13231.20372

EOMONTH関数とは

EOMONTH関数は、関数名のとおり月末(End Of Month)を求める関数で、書式は次のとおりです。

=EOMONTH(開始日,経過月)

EOMONTH関数を利用するときの留意点としては、結果がシリアル値で返されるので、日付として表示するには、セルの表示形式を「日付形式」に設定しておく必要があります。

Excel(エクセル)で月末を素早く入力する方法(EOMONTH関数)

当月末の日付を入力する

たとえばA1セルに入力されている日付の月末をB1セルに入力したいときは、B1セルに次のように計算式を入力します。

=EOMONTH(A1,0)

Excel(エクセル)で月末を素早く入力する方法(EOMONTH関数)

第一引数にTODAY関数を使用すれば、今月末の日付を入力することもできます。

=EOMONTH(TODAY(),0)

Excel(エクセル)で月末を素早く入力する方法(EOMONTH関数)

翌月末、翌々月末の日付を入力する

A1セルに入力されている日付の翌月末をB1セルに入力したいときは、B1セルに次のように計算式を入力します。

=EOMONTH(A1,1)

Excel(エクセル)で月末を素早く入力する方法(EOMONTH関数)

A1セルに入力されている日付の翌々月末をB1セルに入力したいときは、B1セルに次のように計算式を入力します。

=EOMONTH(A1,2)

Excel(エクセル)で月末を素早く入力する方法(EOMONTH関数)

前月末の日付を入力する

A1セルに入力されている日付の前月末をB1セルに入力したいときは、B1セルに次のように計算式を入力します。

=EOMONTH(A1,-1)

Excel(エクセル)で月末を素早く入力する方法(EOMONTH関数)

あとがき

Excelで当月末や翌月末などの月末の日付を良く入力しているなら、EOMONTH関数が活躍してくれるでしょう。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る