Excel(エクセル)で2つの日付の差を計算する方法(DATEDIF関数)

Excel(エクセル)で2つの日付の差を計算する方法(DATEDIF関数)

Excel(エクセル)で2つの日付の差を計算する場合は、DATEDIF関数を利用するのが一般的です。

そこで、ここではDATEDIF関数を利用して2つの日付の差を計算する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 20H2
Microsoft Excel for Microsoft 365 16.0.13127.20402

DATEDIF関数とは

DATEDIF関数は、引数として指定された2つの日付の差を計算する関数で、返される値は日数、月数、または年数を指定できます。

DATEDIF関数の書式は、次のとおりです。

=DATEDIF(開始日,終了日,単位)

DATEDIF関数で返される値は、引数「単位」で指定し、指定可能な値は次のとおりです。

単位 説明
"Y" 差をを年数で返します。
"M" 差を月数で返します。
"D" 差を日数で返します。
"MD" 年数と月数を無視して、日数の差のみを返します。(非推奨)
"YM" 年数と日数を無視して、月数の差のみを返します。
"YD" 年数を無視して、日数の差を返します。

なお、引数「開始日」が引数「終了日」よりも大きい場合は、エラーとなります。

2つの日付の差を計算する

たとえば、A2セルに開始日、B2セルに終了日を入力し、C2セルで日付の差を計算し年数で表示したいときは、C2セルに次のように入力します。

=DATEDIF(A2,B2,"Y")

Excel(エクセル)で2つの日付の差を計算する方法(DATEDIF関数)

引数「単位」の部分を「"M"」と指定すれば日付の差を月数で表示し、「"D"」を指定すれば日付の差を日数で表示できます。

=DATEDIF(A3,B3,"M")

Excel(エクセル)で2つの日付の差を計算する方法(DATEDIF関数)

=DATEDIF(A4,B4,"D")

Excel(エクセル)で2つの日付の差を計算する方法(DATEDIF関数)

便利な使い方(満年齢の計算)

DATEDIF関数の便利な利用方法の一つとしては、年齢の計算があります。

たとえばA2セルに生年月日を入力して、B2セルに本日時点の満年齢を表示したいときは、B2セルに次のように入力します。(TODAY関数は本日の日付を返します。)

=DATEDIF(A2,TODAY(),"Y")

Excel(エクセル)で2つの日付の差を計算する方法(DATEDIF関数)

あとがき

DATEDIF関数のその他の使い道としては、勤続年数を計算したいときなどでも役立ちます。

なお、DATEDIF関数は「Lotus 1-2-3」という古い表計算ソフトとの互換性を保つために搭載されている関数のため、「関数の挿入」ダイアログボックスや入力支援から関数を入力することはできず、関数や引数の入力は、すべて手入力となります。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る