Word, Excel, PowerPointで新規ファイルの既定の保存場所を自分のPCに変更する方法

Word, Excel, PowerPointで新規ファイルの既定の保存場所を自分のPCに変更する方法

Word, Excel, PowerPointで新規ファイルを作成して保存するとき、Officeにサインインしていると、デフォルトの保存場所として毎回OneDriveが表示されます。

Word, Excel, PowerPointで新規ファイルの既定の保存場所を自分のPCに変更する方法

普段からOffice形式ファイルの保存先としてOneDriveを利用している方なら、それで問題ありませんが、自分のPCに保存している方にとっては、毎回OneDriveが表示されるのはわずらわしいでしょう。

そこで、ここではExcel(エクセル)を例に、既定の保存場所を自分のPCに変更する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 20H2
Microsoft Excel for Microsoft 365 16.0.13231.20372

既定の保存場所を自分のPCに変更する

Excelで既定の保存場所を変更するには、スタートメニューのプログラム一覧からExcelを起動して、画面左下の「オプション」をクリックします。

Word, Excel, PowerPointで新規ファイルの既定の保存場所を自分のPCに変更する方法

「Excelのオプション」画面が表示されるので、左側のメニューから「保存」を選択し「ブックの保存」セクションにある「既定でコンピューターに保存する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

Word, Excel, PowerPointで新規ファイルの既定の保存場所を自分のPCに変更する方法

以上で設定完了です。

これでファイルのデフォルトの保存場所が、自分のPCの「ドキュメント」フォルダーになります。

Word, Excel, PowerPointで新規ファイルの既定の保存場所を自分のPCに変更する方法

Memo

上の設定は、Officeアプリケーションのいずれかで設定すれば、それ以外のアプリにも反映されます。たとえば、Excelで設定すれば、WordやPowerPointの既定の保存場所も自分のPCになります。

「ドキュメント」以外のフォルダーに保存したいときは

上の設定で自分のPCに保存するよう設定した場合、デフォルトでは「ドキュメント」フォルダーが保存先になりますが、ドキュメント以外の場所を指定することもできます。

その場合は、先ほどの設定画面で「既定のローカルファイルの保存場所」に、保存場所をフルパスで入力します。

たとえば、デスクトップに保存したいなら「C:\Users\<ユーザー名>\Desktop\」と入力します。

Word, Excel, PowerPointで新規ファイルの既定の保存場所を自分のPCに変更する方法

あとがき

この設定による作業効率のアップは微々たるものですが、塵も積もればなんとやらです。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る