WindowsでWord、Excel、PowerPoint形式のファイルを開く/編集するにはどのツールが良い?(2021年版)

WindowsでWord、Excel、PowerPoint形式のファイルを開く/編集するにはどのツールが良い?(2021年版)

個人や家庭のパソコンでWord、Excel、PowerPoint形式のファイルを開きたいときや編集したいとき、現在では無償・有償を含めていくつかのツールが選択肢としてあります。

そこで、ここではパソコンでWord、Excel、PowerPoint形式のファイルを開いたり編集できる主なツールと、どのような違いがあるかを紹介します。

スマホでWord、Excel、PowerPoint形式ファイルを開く/編集するなら「Microsoft Office」アプリがおすすめ
Microsoftは、2020年2月から新しいスマートフォン向けアプリ「Microsoft Office」の提供を開始しました。 Mi...

Microsoft Office

Word、Excel、PowerPoint形式のファイルを開いたり編集することが多い場合は、迷わず「Microsoft Office 2019」または「Microsoft 365」の純正アプリを利用することをおススメします。

どちらも有償の製品・サービスですが、後述のOffice Onlineや他の互換アプリやサービスを利用した場合の制限や互換性の問題を気にする必要がありません。

個人向けなら「Office Home & Business 2019」か「Microsoft 365 Personal」が選択肢となるでしょう。

Office Home & Business 2019

「Microsoft Office Home & Business 2019」は、買い切り(永続ライセンス)型のデスクトップ向けのアプリで、Word、Excel、PowerPoint、Outlookが利用でき、2台のPC(WindowsかMac)にインストールして利用することができます。

WindowsでWord、Excel、PowerPoint形式のファイルを開く/編集するにはどのツールが良い?(2021年版)

Microsoft Office 2019 | Microsoft 365 サブスクリプションとの比較

なお、買い切り型の製品は、購入したバージョンのOfficeしか利用できず、バージョンアップなどはできません。

Microsoft 365 Personal

「Microsoft 365 Personal」は、Microsoft 365の家庭向けのプランで、サブスクリプション型のサービスです。(サブスクリプションとは、1ヶ月または年単位で使用料を支払うサービスのことを指します。)

WindowsでWord、Excel、PowerPoint形式のファイルを開く/編集するにはどのツールが良い?(2021年版)

家庭向け Microsoft 365 | 最新の Office アプリを備えたサブスクリプション

「Microsoft 365 Personal」では、Word、Excel、PowerPoint、Access、Publisher、OneNoteのデスクトップ向けアプリを、常に新機能が追加された最新のバージョンで利用できます。(※AccessとPublisherは、Windowsのみ)

また、Microsoft 365 Personalは、1つのアカウントで無制限の台数にインストールすることができ(同じアカウントでのサインインは5台まで)、PCを複数台所有しているなら、大きなメリットがあります。

さらに、次の機能が利用できます。

  • OneDriveで1TBの追加容量
  • Skypeで1ヶ月あたり60分間の無料通話特典
  • Microsoft エディター
  • プレミアム クリエイティブ コンテンツ など

企業などでMicrosoft Officeを利用する場合は、経費の面から買い切り型で購入したい場合もあるでしょうが、個人で利用するならMicrosoft 365 Personalがおススメです。

なお、Office2019とMicrosoft 365のそれぞれで利用できる機能の詳細を知りたい方は、以下の公式ページが参考になるでしょう。

個人向けOffice2019製品とMicrosoft 365 Personalの比較表 | Microsoft

Web版Office

Word、Excel、PowerPoint形式のファイルを閲覧/編集することがあまりないという場合に、選択肢としてまず挙げられるのが、Microsoftが提供する「Web版Office」です。

WindowsでWord、Excel、PowerPoint形式のファイルを開く/編集するにはどのツールが良い?(2021年版)

Microsoft Office | 無料 Web 版の Word、Excel、PowerPoint

「Web版Office」は、Webブラウザー上で利用できるOfficeツールで、手持ちのメールアドレスでMicrosoftアカウントにサインアップすることで、Word、Excel、PowerPointをはじめとするOfficeツールがWebブラウザ上で無料で利用できます。

Web版OfficeはMicorosftが提供しているサービスだけあって、Word、Excel、PowerPoint形式のファイルを閲覧するのは問題ありませんが、ローカルに保存しているファイルを直接開くことができなかったり(OneDrive上にアップロードする必要がある)、編集時の利用可能機能に制限があります。

Web版Officeで利用できない機能としては、次のようなものがあります。

  • Word - 図形の描画、アウトライン表示、アイコンライブラリ
  • Excel - マップグラフ、ピボットグラフ、マクロ機能
  • PowerPoint - ズーム、グラフの挿入、発表者ツール

Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド

Word、Excel、PowerPoint形式のファイルを閲覧/編集することがあまりないという場合に、次の選択肢として挙げられるのが、Googleが提供するWebブラウザ上で利用できるオフィスツール「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」「Googleスライド」でしょう。

WindowsでWord、Excel、PowerPoint形式のファイルを開く/編集するにはどのツールが良い?(2021年版)

Google ドキュメント - オンラインでドキュメントを作成、編集できる無料サービス

これらのツールも、手持ちのメールアドレスなどでGoogleアカウントにサインアップすることで、Webブラウザ上で無料で利用できます。

Googleドキュメントなどでは、作成したファイルをWordやExcel、PowerPoint形式で保存したり、WordやExcel、PowerPoint形式のファイルを直接開いて編集できます。

さたに、WebブラウザとしてGoogle Chromeを利用すれば、インターネットにつながっていないオフライン環境で利用できるよう設定したり、拡張機能を利用すれば、ローカルに保存しているWordやExcel、PowerPoint形式のファイルを直接開いて編集することも可能(通常は、Google Driveにアップロードして開きます)になります。

Memo

Googleドキュメントなどで、WordやExcel、PowerPoint形式のファイルを直接開いた場合、編集機能はテキストの挿入など基本的な機能に限定されます。

なお、WordやExcel、PowerPointとの互換性は完璧ではないため、ファイルの内容によっては、Googleドキュメントなどで開くとレイアウトが崩れるといった問題が起こることもあります。

Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドをオフラインで利用する方法
Googleが提供するオフィスツールサービス「Google ドキュメント」「Google スプレッドシート」「Google スライド」は...
仕事効率化に役立つChromeブラウザ向け拡張機能
Google Chromeの拡張機能には、仕事・プライベート問わず大変お世話になっています。これまでも、さまざまな拡張機能を紹介してきま...

LibreOffice

Word、Excel、PowerPoint形式のファイルを閲覧/編集することはあまりないが、オンラインストレージ(OneDrive、GoogleDrive)にファイルを保存したくないという場合は、デスクトップ向けのOffice互換アプリが選択肢となるでしょう。

Office互換アプリはいくつかありますが、無料(寄付歓迎)で利用できるアプリとして有名なのが「LibreOffice」です。

WindowsでWord、Excel、PowerPoint形式のファイルを開く/編集するにはどのツールが良い?(2021年版)

ホーム | LibreOffice - オフィススイートのルネサンス

「LibreOffice」は、オープンソースのオフィスツールで、デスクトップ向けアプリとして、Windows・Mac OS・Linux向けに提供されています。

LibreOfficeには、WordやExcel、PowerPointに相当するアプリ(Writer、Calc、Impress)がそれぞれあり、数あるOffice互換アプリの中でも、インターフェースが純正のOfficeアプリと似ており、Office形式ファイルの再現性でも優れています。

ただし、Googleドキュメントなどと同じように、互換性は完璧ではなく、場合によってはレイアウトが崩れるといった問題が起こることもあります。

LibreOfficeはMicrosoft Officeの代わりとして使えるか?
仕事場での文書作成や表計算のためのツールといえば「Microsoft Office」が定番ですが、個人で統合オフィスソフトウェアを利用す...

あとがき

ここでは、パソコンでWord、Excel、PowerPoint形式のファイルを開く/編集するための主なツールについて紹介しました。

Word、Excel、PowerPoint形式のファイルを開く/編集するツールをお探しの方の参考になれば幸いです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ