Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

Microsoft Excel(エクセル)で、日付や時刻を入力するとき、皆さんはどのような方法で入力していますか?

直接「2020/10/23」などと入力している方も多いと思いますが、”セルの表示形式”を活用すれば、さまざまな表示ができます。

たとえば、西暦で表示する、和暦で表示する、元号を英字の略字で表示する、時刻を12時制で表示する、24時制で表示する、などです。

そこで、ここではMicrosoft Excel(エクセル)でどのような日時の表示ができるかを紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004
Microsoft Excel for Microsoft 365 16.0.13127.20402

日付の表示をカスタマイズする

たとえば、セルに「10/23」と入力すると、エクセルが自動的に入力されたデータを日付と判断して「10月23日」と表示されますが、表示形式を設定することで様々な表示ができます。

よく利用されるであろう表示形式「短い日付形式(2020/10/23)」や「長い日付形式(2020年10月23日)」を設定するときは「ホーム」タブの「数値」にあるプルダウンから選択できます。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

それ以外の表示形式にしたいときは、対象のセルを右リックして、メニューから「セルの書式設定」を選択するか、対象のセルを選択した状態で「Ctrl+1」キーを押して「セルの書式設定」画面を開き「表示形式」タブで設定します。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

日付として選択できる形式と実際の表示は、次のとおりです。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

なお、一覧に表示したい形式がない場合は、ユーザー定義で自分で表示形式を定義することもできます。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

ユーザー定義で利用できる日付関係のコードは、次のとおりです。

コード 説明
m 1 ~ 12(月)
mm 01 ~ 12(月)
mmm Jan ~ Dec(月)
mmmm January ~ December(月)
mmmmm J ~ D(月名の最初の文字)
d 1 ~ 31(日)
dd 01 ~ 31(日)
ddd Sun ~ Sat(曜日)
dddd Sunday ~ Saturday(曜日)
aaa 月 ~ 金(曜日)
aaaa 月曜日 ~ 金曜日(曜日)
yy 00 ~ 99(年)
yyyy 1900 ~ 9999(年)
g 元号の最初のアルファベット
gg 元号の最初の字
ggg 元号
e 1 ~ 和暦の年
ee 01 ~ 和暦の年

たとえば、ユーザー定義の書式として「gge.m.d」と入力すれば「令2.10.23」といった表示も可能です。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

時刻の表示をカスタマイズする

たとえば、セルに「0:18」と入力すると、エクセルが自動的に入力されたデータを時刻と判断して「0:18」と表示されますが、表示形式を設定することで様々な表示ができます。

よく利用されるであろう表示形式「時刻(0:18:00)」を設定するときは「ホーム」タブの「数値」にあるプルダウンから選択できます。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

それ以外の表示形式にしたいときは、対象のセルを右リックして、メニューから「セルの書式設定」を選択するか、対象のセルを選択した状態で「Ctrl+1」キーを押して「セルの書式設定」画面を開き「表示形式」タブで設定します。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

時刻として選択できる形式と実際の表示は、次のとおりです。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

なお、一覧に表示したい形式がない場合は、ユーザー定義で自分で表示形式を定義することもできます。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

ユーザー定義で利用できる時刻関係のコードは、次のとおりです。

コード 説明
h 0~23(時)
hh 00~23(時)
[h] 24~(時)
m 0~59(分)
mm 00~59(分)
[m] 60~(分)
s 0~59(秒)
ss 00~59(秒)
[s] 60~(秒)
AM/PM AM/PM(午前/午後)

たとえば、午前・午後を日本語で表示したい場合は、ユーザー定義の書式に、上のコードの組み合わせにロケール指定([$-ja-JP])を加えることで、以下の画像のように午前・午後を日本語で表示させることもできます。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

また、小数点以下の秒を表したいときは、ユーザー定義の書式として「h:m:s.000」と入力すれば、小数点以下の秒を表示できるようになります。

なお、小数点以下の秒は1000分の1秒まで表示できます。

Excel(エクセル)で日付や時刻の表示をカスタマイズする方法

あとがき

セルに入力したデータが思うのように表示できないからと言って、なんでもかんでも文字列として入力してしまうと、セルに入力したデータを計算や関数で利用できなくなってしまうので、表示形式も上手に使いこなしましょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る