Microsoft Excel(エクセル)で空白や改行を一括削除する方法

Microsoft Excel(エクセル)で空白や改行を一括削除する方法

Microsoft Excel(エクセル)を利用していて、他のテキストファイルからデータを取り込んだりしたとき、セルに余計な空白や改行が入力されている場合があります。

そのようなとき、余計な空白や改行が数個程度なら一つずつ削除すればよいですが、数十個、数百個となると一つずつ削除するのはとても面倒です。

そこで、ここではMicrosoft Excel(エクセル)で、セルに入力されている余計な空白や改行を一括で削除する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004
Microsoft Excel for Microsoft 365 16.0.13127.20402

余計な空白や改行を一括で削除する

セルから余計な空白や改行を一括で削除する場合は、置換機能を利用します。

まず、対象となるファイルを開き「ホーム」タブの「編集」から「検索と選択」をクリックして「置換」を選択します。

または、ショートカットキー「Ctrl+H」キーを押します。

Microsoft Excel(エクセル)で空白や改行を一括削除する方法

「検索と置換」画面が開くので、空白を削除する場合は「検索する文字列」欄に空白(スペース)を入力し「置換後の文字列」欄には何も入力しません。

Microsoft Excel(エクセル)で空白や改行を一括削除する方法

改行を削除する場合は「検索する文字列」欄をクリックしてから「Ctrl+J」キーを押し「置換後の文字列」欄には何も入力しません。

「Ctrl+J」キーを押しても、一見何も入力されていないように見えますが、改行コードが入力されているので大丈夫です。

Microsoft Excel(エクセル)で空白や改行を一括削除する方法

置換機能は、デフォルトでは半角と全角を区別しませんが、半角と全角を区別したい場合は、右下の「オプション」をクリックして「半角と全角を区別する」にチェックを入れます。

Microsoft Excel(エクセル)で空白や改行を一括削除する方法

置換機能は、デフォルトでは現在開いているワークシートを対象としていますが、ブック内のすべてのワークシートに対して置換を行いたい場合は、右下の「オプション」をクリックして「検索場所」から「ブック」を選択します。

Microsoft Excel(エクセル)で空白や改行を一括削除する方法

特定の範囲内に対してのみ置換を行いたい場合は、置換を行いたい範囲を選択しておきます。

Microsoft Excel(エクセル)で空白や改行を一括削除する方法

あとは「検索と置換」画面左下の「すべて置換」をクリックすることで、セルから空白(スペース)や改行を一括で削除されます。

Microsoft Excel(エクセル)で空白や改行を一括削除する方法

あとがき

エクセルの置換機能は、文字列を置換するだけでなく、ここで紹介しているように特定の文字列を一括削除したいときにも役立ちます。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る