Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

Excel(エクセル)ファイルを利用していると、ワークシートの内容を編集できないようにしたり、ブックを開くときにパスワードを設定して勝手に閲覧されないようにしたいことがあります。

そんなときに活用したいのがワークシートの保護やブックの保護機能です。

そこで、ここではExcel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 20H2
Microsoft Excel for Microsoft 365 16.0.13127.20402

ワークシートを保護する

ワークシートの編集を制限したいときは「シートの保護」を設定します。

「シートの保護」を設定するメニューはいくつかありますが、保護したいワークシートを右クリックして、メニューから「シートの保護」をクリックするのがもっともカンタンです。

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

「シートの保護」をクリックすると「シートの保護」画面が表示され、パスワードを設定したり、保護中に許可する操作を設定して「OK」をクリックすれことで、ワークシートを保護することができます。

※パスワードを入力しなければ、パスワードなしで保護することもできます。

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

なお、保護されているワークシートで許可されていない操作を行おうとする、次のようなメッセージが表示されます。

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

ワークシートの保護を解除する

保護されているワークシートで編集を行いたい場合は、シートの保護を解除します。

シートの保護を解除するときは、シートを保護するときと同じメニューで「シート保護の解除」をクリックします。

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

パスワードを設定している場合は、パスワードの入力画面が表示されるので、パスワードを入力して、シートの保護を解除します。

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

保護中も編集可能なセルを設定する

ワークシートの保護を行うと、デフォルトではワークシート上のすべてのセルが保護され編集ができなくなりますが、一部のセルのみ保護中も編集できるよう設定したい場合があります。

その場合は、ワークシートを保護する前に、保護中も編集を許可したいセル(セル範囲)の「セルの書式設定」画面を表示して「保護」タブで「ロック」のチェックボックスをオフにして「OK」をクリックしておきます。

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

これで「ロック」を解除したセルは、シートを保護しても編集できるようになります。

ブック全体を保護する

ブック全体を保護する場合は「ファイル」タブをクリックして「情報」メニューから「ブックの保護」をクリックすることで、以下のような保護ができます。

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

常に読み取り専用で開く

「常に読み取り専用で開く」を選択した場合、ブックを開くときに、以下のような読み取り専用で開くよう促す画面が表示され、意図しないブックの変更を防止することができます。

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

パスワードを使用して暗号化

「パスワードを使用して暗号化」を選択してパスワードを設定すると、ブックを開くときにパスワードが必要になります。

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

ブックを勝手に閲覧されたくないときに役立ちます。

ブック構成の保護

「ブック構成の保護」を選択してパスワードを設定すると、ワークシートの追加/移動/削除、ワークシートの名前の変更、ワークシートの表示/非表示を変更できなくなります。

デジタル署名の追加

「デジタル署名の追加」を選択してブックに署名を追加すると、ブックが改ざんされていないことを証明したりできます。

最終版にする

「最終版にする」を選択してブックを最終版にすると、ブックを開いたときに最終版としてマークされていることを示すメッセージが表示され、ブックは読み取り専用で表示されます。

なお「編集する」をクリックすれば、編集できるようになります。

Excel(エクセル)でワークシートやブックを保護する方法

あとがき

同じExcelファイルを複数人で利用するときは、ワークシートの保護やブックの保護を利用することで、意図しない変更を防ぐことができます。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る