Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法

Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法

Microsoft Excel(エクセル)で「1・2・3 …」や「2・4・6 …」といった間隔に規則性のあるデータを入力する場合、手入力している方はいませんか?

そんな方にお伝えしたいのが、エクセルでは簡単に連続データを入力することができ、数値だけでなく「1月・2月・3月 …」といった文字データや日付、時刻なども連続データとして入力することができるのです。

そこで、ここではMicrosoft Excel(エクセル)で連続データを簡単に入力する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004
Microsoft Excel for Microsoft 365 16.0.13127.20402

フィルハンドルで連続データを入力する

連続データの一部を入力したセルを選択して、右下の■(フィルハンドル)にマウスポインターを合わせます。

Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法

すると、マウスポインターが+の形に変わるので、その状態でドラッグすることで、カンタンに連続データを入力することができます。

なお、ドラッグする方向は、下だけでなく上や左右にもドラッグできます。

※下の画像の再生ボタンをクリックすると、アニメーションで確認できます。

Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法

フィルボタンから連続データを入力する

フィルハンドルから連続データを入力する方法はカンタンですが、想定通りに連続データを入力できない場合もあります。

そのようなときは「フィル」ボタンから、増分値などを指定して連続データを入力することができます。

「フィル」ボタンから連続データを入力するには、まず連続データの先頭のデータを入力し、連続データを入力する範囲を選択した状態で「ホーム」タブの「編集」にある「フィル」をクリックして「連続データの作成」を選択します。

Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法

すると、連続データの設定画面が表示されるので、入力するデータに合わせて「種類」や「増分値」などを指定します。

たとえば「2・4・6 …」と偶数の連続データを作成したい場合は「種類」から「加算」を選択し「増分値」を「2」に設定することで、偶数の連続データを入力できます。

Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法
Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法

たとえば「1月・2月・3月 …」といった文字列を連続データとして入力したい場合は「種類」から「オートフィル」を選択することで、文字列の連続データを入力できます。

Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法
Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法

ちなみに、連続データとして入力できる文字列は、あらかじめ定義されており、定義内容を確認するには、「ファイル」メニューから「オプション」をクリックして、Excelのオプション画面を開き、左側のメニューから「詳細設定」を選択し「全般」セクションにある「ユーザー設定リストの編集」をクリックします。

Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法

すると「ユーザー設定リスト」画面が表示され、連続データとして入力できる文字列を確認でき、この画面上で新たに追加することもできます。

Excel(エクセル)で連続データをカンタンに入力する方法

あとがき

規則性のあるデータを入力するときは、是非ご活用ください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る