Microsoft Word(ワード)で利用できる関数と演算子一覧(2020年10月)

Microsoft Word(ワード)で利用できる関数と演算子一覧(2020年10月)

Microsoft Officeで利用する関数と言えば、ほとんどの方がExcel(エクセル)の関数を思い浮かべますが、Microsoft Wordもドキュメント内に作成した表で、簡単な表計算ができます。

そこで、ここではMicrosoft Word(Microsoft365版)の表で利用できる関数や演算子を紹介します。なお、買い切り版のWord 2016や2019でも、おおむね同じように利用できます。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004
Microsoft Word for Microsoft 365 16.0.13127.20402

Wordで利用できる関数

Wordドキュメント内の表で利用できる関数は、次の18種類です。

関数 説明
ABS() かっこ内の値の絶対値を計算します。
AND() かっこ内の引数がすべて TRUE であるかどうかを評価します。
AVERAGE() かっこ内で指定された項目の平均値を計算します。
COUNT() かっこ内で指定された項目の数を計算します。
DEFINED() かっこ内の引数が定義されているかどうかを評価します。
FALSE 常に0を返します。
IF() 最初の引数を評価します。
INT() かっこ内の値の小数部を切り捨てて、最も近い整数にします。
MAX() かっこ内で指定された項目の最大値を返します。
MIN() かっこ内で指定された項目の最小値を返します。
MOD() 引数1/引数2の剰余を返します。
NOT() 1つの引数がTRUEかどうかを評価します。
OR() 2つの引数のいずれかがTRUEかどうか評価します。
PRODUCT() かっこ内で指定された項目の積を計算します。
ROUND() 最初の引数を2番目の引数で指定した桁数で四捨五入します。
SIGN() かっこ内の数値が0よりも大きいか、0に等しいか、0よりも小さいを評価します。
SUM() かっこ内に指定された項目の合計値を計算します。
TRUE() 1つの引数がTrueかどうか評価します。

Wordで利用できる演算子

Wordドキュメント内の表で利用できる演算子は、次のとおりです。

なお、分かりやすいようにA1参照で例示しています。

算術演算子

演算子 説明
A1+A2 A1の値とA2の値を加算します。
A2-A1 A2の値からA1の値を減算します。
A1*A2 A1の値とA2の値を乗算します。
A2/A1 A2の値をA1の値で除算します。
A1^2 A1の値をべき乗します。(左の例では2乗しています。)

比較演算子

演算子 説明
A1=B1 A1の値とB1の値が等しければTRUEを返します。
A1<>B1 A1の値とB1の値が等しくなければTRUEを返します。
A1>B1 A1の値がB1の値より大きければTRUEを返します。
A1<B1 A1の値がB1の値より小さければTRUEを返します。
A1>=B1 A1の値がB1の値以上であればTRUEを返します。
A1<=B1 A1の値がB1の値以下であればTRUEを返します。

関数や演算子の入力方法

関数や演算子をWordドキュメント内の表で利用するときは、フィールドコードとして次のように入力します。

{=関数名(引数)}

フィールドコードを入力するときは、セルを選択した状態で、Ctrl+F9を押して手入力するか、Wordの上部メニューから「レイアウト」>「計算式」をクリックして、計算式画面から挿入できます。

Microsoft Word(ワード)で利用できる関数と演算子一覧(2020年10月)

各関数の詳細な使い方は、ここでは割愛させていただきますが、以下のMicrosoftの公式ページが分かりやすいでしょう。

Word または Outlook の表で計算式を使用する - Office サポート

セル参照

関数の引数として特定のセルを指定するときは、2通りの方法があります。

ABOVE・BALOW・LEFT・RIGHT

ABOVE・BALOW・LEFT・RIGHTを使うと、計算式を入力するセルの上側(ABOVE)、下側(BELOW)、左側(LEFT)、右側(RIGHT)を指定することができます。

たとえば、計算式を入力するセルの上側のセルの合計を求めたい場合は、次のように入力します。

{=SUM(ABOVE)}

A1参照

エクセルでおなじみのA1参照も利用でき、アルファベットがセルの列を表し、数字がセルの行を表しており、B3は、2列目の3行目のセルを表しています。

たとえば、1列目1行目のセル(A1)から2列目2行目のセル(B2)までの範囲を合計するときは、次のように入力します。

{=SUM(A1:B2)}

あとがき

Wordの表で利用できる関数は限られており、複雑な計算をWord上で行うのは個人的にはあまりおすすめしません。

私なら、関数などを利用した表をWordの文書内に挿入するなら、Excelで作成した表をWordに貼り付ける方法をおススメします。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る