2020年秋のWindows10機能アップデート「バージョン20H2(October 2020 Update)」の変更点

2020年秋のWindows10機能アップデート「バージョン20H2(October 2020 Update)」の変更点

2020年秋のWindows10の機能アップデート「バージョン20H2(October 2020 Update)」のリリースが迫っています。

秋の機能アップデートでは、新機能はあまり追加されず、おもにパフォーマンスの改善と品質向上に重きが置かれており、今回のアップデートもそれに従ったマイナーアップデートになるようです。

とはいえ、変更点はいくつかあるようなので、ここでは機能アップデート「バージョン20H2(October 2020 Update)」変更点を紹介します。

機能アップデートの適用を検討している方は参考にしてみてください。

新Microsoft Edgeがプリインストール

バージョン20H2から、Windows10をインストールすると、Chromiumベースの新しい「Microsoft Edge」がプリインストールされるようになります。

Windows10への自動配信が開始された「新Microsoft Edge」の特徴をおさらい
2020年1月から一般提供が開始された「新Microsoft Edge(以下、新Edgeブラウザ)」は、同年6月5日からWindows1...

2020年秋のWindows10機能アップデート「バージョン20H2(October 2020 Update)」の変更点

スタートメニューがスタイリッシュに

従来のスタートメニューでは、アプリアイコンやタイルの背景にOSのアクセントカラーやアプリのテーマ色が用いられていましたが、バージョン20H2からは、アプリアイコンの背景が透明になり、タイルの背景は、スタートメニューの背景に親和性の高い色に統一されるようになります。

これにより、Fluentデザインへの更新が進んでいるMicrosoft製アプリのアイコンともマッチして、スタイリッシュで洗練されたデザインへと進化しています。

Windows10のスタートメニューは、2020年秋のアップデートでスタイリッシュに変身するかも
Windows10の年2回の機能更新では、春は機能追加など、比較的大きな更新が行われ、秋は品質向上がメインに行われてきましたが、2020...
2020年秋のWindows10機能アップデート「バージョン20H2(October 2020 Update)」の変更点

バージョン20H2のスタート画面

Alt+TabでEdgeのタブを選択可能に

バージョン20H2では、Alt+Tabでタスクスイッチ機能を使用するときに、新Microsoft Edgeの開いているタブを別々に表示できるようになります。

2020年秋のWindows10機能アップデート「バージョン20H2(October 2020 Update)」の変更点

なお、この機能は「Windowsの設定」アプリの「システム」>「マルチタスク」で、タブを別々に表示するかどうかを設定できます。

2020年秋のWindows10機能アップデート「バージョン20H2(October 2020 Update)」の変更点

その他

主だった変更点は上の3点ですが、それ以外にも次のような変更点があります。

なお、変更点の一部は、現在のリリースバージョンであるWindows10 バージョン2004に実装済みとなっています。

  • 「Windowsの設定」アプリの「システム」>「詳細情報」のページに、コントロールパネルから利用するようになっていたユーティリティーへのリンクがいくつか表示されるようになります。
  • 「Windowsの設定」アプリの「システム」>「ディスプレイ」>「ディスプレイの詳細設定」ページで、リフレッシュレートを変更できるようになります。
  • 2-in-1PCの使い勝手が改善されます。 など

公式でアナウンスされているバージョン20H2での変更点については、以下のページをご覧ください。

Announcing Windows 10 Insider Preview Build 19042.421 (20H2) | Windows Insider Blog

あとがき

現在の最新バージョンである2004のWindows10なら、バージョン20H2のアップデートにかかる時間は数分で済むようです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る