PowerPoint(パワーポイント)で作業効率をアップするために覚えておきたいショートカット

PowerPoint(パワーポイント)で作業効率をアップするために覚えておきたいショートカット

多くの方が仕事・プライベートを問わず、オフィスソフトとしてMicrosoft Office(Word, Excel, PowerPoint)を利用していると思いますが、Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)で効率よく作業するには、ショートカットキーの活用が欠かせません。

そこで、ここでは、PowerPoint(パワーポイント)で作業効率をアップするために覚えておきたいショートカットキーを紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004
Microsoft PowerPoint for Microsoft 365 16.0.13127.20402

よく使うショートカット

操作 ショートカットキー
文書を保存する Ctrl+S
文書を閉じる Ctrl+W
選択した内容をコピー Ctrl+C
選択した内容を切り取り Ctrl+X
クリップボードの内容を貼り付け Ctrl+V
すべてのコンテンツを選択 Ctrl+A
直前の操作を元に戻す Ctrl+Z
直前の操作をやり直す Ctrl+Y
太字に設定する Ctrl+B
下線を引く Ctrl+U
文書を印刷する Ctrl+P
文書内を検索する Ctrl+F

スライド

操作 ショートカットキー
次のプレースホルダーに移動する Ctrl+Enter
新しいスライドを追加する Ctrl+M
スライドのレイアウトを変更する Alt+H→L→1
非表示スライドに設定する Alt+S→ H
スライドやオブジェクトを複製する Ctrl+D
ガイドの表示を切り替える Alt+F9
グリッドの表示を切り替える Shift+F9
ルーラーの表示を切り替える Alt+Shift+F9

オブジェクト

操作 ショートカットキー
複数のオブジェクトをグループ化する Ctrl+G
オブジェクトの大きさを変更する Shift+↑↓←→
オブジェクトを回転する Alt+←→
フォントや色をまとめて設定する Ctrl+T

スライドショー

操作 ショートカットキー
スライドショーを開始する F5
スライドショーを現在のスライドから開始する Shift+F5
発表者ツールでスライドショーを開始する Alt+F5
次のスライドに進む N(Space)
前のスライドに戻る P(BackSpace)
黒い画面を表示する(スライドショーに戻る) B
白い画面を表示する(スライドショーに戻る) W
スライドショーと終了する Esc
表示中のスライドを拡大する Ctrl++
表示中のスライドを縮小する Ctrl+-
マウスポインターをペンに変更する Ctrl+P
マウスポインターをレーザーポインターにする Ctrl+L
ポインターと移動ボタンを非表示にする Ctrl+H
スライドへの書き込みを消去する E
マウスポインターを常に表示する Ctrl+A

あとがき

PowerPoint(パワーポイント)では、スライド作成時もですが、スライドショー(プレゼンテーション)時にショートカットキーが活躍します。

スライドショー(プレゼンテーション)をよく利用される方は、是非ご活用ください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る