Windows10のMicrosfot IMEで読み方が分からない文字を入力する方法

Windows10のMicrosfot IMEで読み方が分からない文字を入力する方法

Windows環境などで日本語を入力していると「この文字ってどうやって入力すればよいの?」ということがないでしょうか?

たとえば「ぢ」「づ」や「ぁ」「ぃ」、特殊な記号、絵文字、顔文字、読みが分からない漢字などを入力するときです。

そこでここでは、Windows10に標準搭載されている「Microsoft IME」で、読み方が分からない文字を入力するときの入力方法について紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004

読み方が分からない文字を入力する

以下に、ひらがなやカタカナ、記号で、読み方が分かりづらい文字を入力するときの入力方法を紹介します。

文字・記号 入力方法
wo
nn
di
du
wi
we
laまたはxa
liまたはxi
lke
でゅ dhu
vu
onajiまたはkurikaesi
onnpu
yuubin
hoshi
sannkaku
yajirushi
「」(括弧) kakko

読み方が分からない漢字を入力する

読み方が分からない漢字を入力したいときは「IMEパッド」で手書きで検索して入力したり、部首で検索して入力できます。

IMEパッドの使い方は、以下の記事をご覧ください。

Windows10で読みが分からない漢字を入力するときは「IMEパッド」が便利
Windows10での日本語入力に標準の「Microsoft IME」を利用していて、読みが分からない漢字を入力したいときに、漢和辞典で...

顔文字を入力する

顔文字(^^)/を入力したいときは「かお」と入力して変換することで、いろいろな顔文字を入力できます。

Windows10のMicrosfot IMEで読み方が分からない文字を入力する方法

また「かお」以外にも「あせ」「ごめん」「ばいばい」「びっくり」などでも、それぞれの表情を表す顔文字に変換できます。

Windows10のMicrosfot IMEで読み方が分からない文字を入力する方法

「あせ」を変換したときの顔文字

Windows10のMicrosfot IMEで読み方が分からない文字を入力する方法

「ごめん」を変換したときの顔文字

Windows10のMicrosfot IMEで読み方が分からない文字を入力する方法

「ばいばい」を変換したときの顔文字

Windows10のMicrosfot IMEで読み方が分からない文字を入力する方法

「びっくり」を変換したときの顔文字

絵文字を入力する

絵文字を入力するときは「Windows」キー+「.(ピリオド)」キーを押すと表示されるパネルから入力できます。

Windows10のMicrosfot IMEで読み方が分からない文字を入力する方法

また、このパネルからは顔文字や記号も入力することができます。

Windows10のMicrosfot IMEで読み方が分からない文字を入力する方法

顔文字のパネル

Windows10のMicrosfot IMEで読み方が分からない文字を入力する方法

記号のパネル

あとがき

入力方法が分からない文字を入力するとき、入力したい文字が記載されているところからコピーするという手もありますが、Microsoft IMEでもいろいろな方法で入力できます。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る