新Microsoft EdgeでChrome向けテーマを利用する方法

新Microsoft EdgeでChrome向けテーマを利用する方法

Microsoftが2020年から提供を開始しているChromiumベースの新しいMicrosoft Ege(以下、Edgeブラウザ)では、デスクトップ向けに限りますが、Chromeブラウザの拡張機能が利用できます。

さらに、Edgeブラウザの外観についても、デフォルトで用意されている「ライト」「ダーク」以外にも、設定によりChromeのテーマも利用できるようになります。

そこで、ここでは現在一般向けにリリースされている新しいMicrosoft Edgeで、Chrome向けのテーマを利用するための設定を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004
Microsoft Edge 84.0.522.52

Chrome向けテーマを利用するための設定

EdgeブラウザでChromeのテーマを利用する手順は、次のとおりです。

まず、Edgeブラウザを起動して、アドレスバーに「edge://flags」と入力し、エンターキーを押します。

新Microsoft EdgeでChrome向けテーマを利用する方法

試験機能の設定画面が表示されたら、検索ボックスに「store theme」と入力し、エンターキーを押します。

新Microsoft EdgeでChrome向けテーマを利用する方法

「Allow installation of external themes」の設定項目が表示されるので「Enabled」を選択して「再起動」をクリックします。

新Microsoft EdgeでChrome向けテーマを利用する方法

以上で、Chromeのテーマを利用できるようになりました。

Chrome向けテーマを適用する

Chromeのテーマを適用するには、Edgeブラウザのメニューから「拡張機能」画面を開き「他のストアからの拡張機能を許可する」をオンにします。

新Microsoft EdgeでChrome向けテーマを利用する方法

あとは、Chromeウェブストアからお好きなテーマを追加しましょう。

ここでは、例としてChromeチームが提供している「Rose」を追加してみます。

新Microsoft EdgeでChrome向けテーマを利用する方法

問題なくテーマが適用さました。

新Microsoft EdgeでChrome向けテーマを利用する方法

適用されているテーマを削除したいときは「設定」画面の「外観」で、削除したいテーマの右にある「削除」をクリックします。

新Microsoft EdgeでChrome向けテーマを利用する方法

あとがき

いくつかのテーマを試してみたところ、テーマによっては利用できなこともあるようですが、Edgeブラウザを自分好みにカスタマイズしたいときのおススメ機能です。

なお、同機能は開発版のEdgeブラウザでは、試験機能の有効化などをしなくても利用できるようなので、今後のバージョンアップで標準機能として利用できるようになるかもしれません。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る