Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

Windows10を利用していて、もっと画面を広く使いたい、文字などが小さくで見づらい、画面が暗い・明るすぎる、といった場面がないでしょうか。

そんなとき、Windows10の設定画面で、面回りの設定を調節することで改善することがあります。

そこで、ここではWindows10で画面回りの設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

画面の解像度を変更する

画面の解像度を変更できれば、テキストや画像などの大きさや鮮明さを変更することができます。

たとえば、解像度を低くすると、画面上に表示される情報量は少なくなりますが、アイコンなどが大きく表示され、逆に解像度を高くすれば、表示が鮮明になり画面も広く使用できます。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

低解像度:1280 x 720

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

高解像度:1920 x 1080

画面の解像度を変更する手順は、次のとおりです。

スタートメニューなどから「設定」アプリを起動し「システム」をクリックします。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

「システム」画面が表示されると「ディスプレイ」の設定画面が表示されているので「拡大縮小トレイアウト」欄にある「ディスプレイの解像度」で設定したい解像度を選択します。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

解像度を選択すると、画面が暗転して「ディスプレイの設定を維持しますか?」というメッセージが表示されるので「変更の維持」をクリックして、解像度の変更を確定します。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

操作を行わずに15秒経過するか「元に戻す」をクリックすると、解像度は変更されずに設定前の状態に戻ります。

Memo

選択可能な解像度は、利用しているディスプレイやデバイスドライバーによって異なり、変更した解像度がディスプレイに対して最適ではない場合、デスクトップに「最適解像度の通知」が表示されることがあります。

以上で操作完了です。

画面のリフレッシュレートを変更する

画面がちらつくなどの症状がある場合は、画面のリフレッシュレートを適切な値に設定することで改善されることがあります。

Memo

「リフレッシュレート」とは、ディスプレイが1秒間に画面を書き換える回数のことで、リフレッシュレートを高く設定すると、画面のちらつきを防ぐことができます。

画面のリフレッシュレートを変更する手順は、次のとおりです。

スタートメニューなどから「設定」アプリを起動し「システム」をクリックします。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

「システム」画面が表示されると「ディスプレイ」の設定画面が表示されているので「ディスプレイの詳細設定」をクリックします。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

「ディスプレイの詳細設定」画面が表示されるので「ディスプレイの選択」から、リフレッシュレートを変更したいディスプレイを選択して「ディスプレイ情報」欄の「ディスプレイXのアダプターのプロパティを表示します」をクリックします。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

選択したディスプレイのプロパティ画面が表示されるので「モニター」タブの「モニターの設定」欄にある「画面のリフレッシュレート」でリフレッシュレートを選択し「OK」をクリックします。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

「このディスプレイ設定をそのままにしますか?」というメッセージが表示されるので「変更を維持する」をクリックします。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

操作を行わず15秒経過するか「元に戻す」をクリックすると、リフレッシュレートは変更されずに設定前の状態に戻ります。

Memo

選択可能なリフレッシュレートは、利用しているディスプレイやデバイスドライバーによって異なります。

以上で操作完了です。

画面の明るさを調節する

画面の明るさを利用状況に合わせて適切に調節すれば、消費電力を抑えることができ、ノートPCなどPC本体とディスプレイが一体のマシンでは、ディスプレイの設定画面やアクションセンターから画面の明るさを調整することができます。

デスクトップPCなどでは、サードパーティーアプリを利用することでWindows10から画面の明るさを調節することができます。

Windows10でタスクトレイから画面の明るさを調整できる「Twinkle Tray」
Windows10を利用していて画面の明るさを調節したいとき、たいていはディスプレイの調節ボタンを押して調節することが多いと思いますが、...

設定アプリから調節する

設定アプリから画面の明るさを調節する手順は、次のとおりです。

スタートメニューなどから「設定」アプリを起動し「システム」をクリックします。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

「システム」画面が表示されると「ディスプレイ」の設定画面が表示されているので「明るさの変更」のスライダーを動かして明るさを調節します。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

以上で操作完了です。

アクションセンターで調節する

アクションセンターで調節する場合は、タスクバーの右端にある「アクションセンター」をクリックして「明るさ」 スライダーを動かして明るさを調節します。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

引用元:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4026946/windows-10-change-screen-brightness

以上で操作完了です。

ディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する

PCを使用せずに一定時間が経過したときに、自動的にディスプレイの電源が切れるように設定すれば、消費電力を抑えることができます。

ディスプレイの電源が切れるまでの時間を変更する手順は、次のとおりです。

スタートメニューなどから「設定」アプリを起動し「システム」をクリックします。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

「システム」画面が表示されたら、画面左側のメニューから「電源とスリープ」をクリックし、画面右側の「次の時間が経過後、ディスプレイの電源を切る」から時間を選択します。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

ノートPCの場合では「電源に接続時」と「バッテリー駆動時」それぞれで設定します。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

なお、ディスプレイの電源が自動的に切れないように設定したいときは「なし」を選択します。

以上で操作完了です。

あとがき

ちなみに、画面の解像度・リフレッシュレート・明るさを変更する場合、ここで紹介しているWindows10の設定画面から変更する方法以外にも、グラフィックドライバーが提供しているツールから変更することもできます。

Windows10で画面の設定(解像度・リフレッシュレート・明るさなど)を調節する方法

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る