Windows10のセキュリティ対策には3通りの方法があります。

Windows10のセキュリティ対策には3通りの方法があります。

自宅など、個人で利用するWindows10のセキュリティ対策をする場合、おおむね次の3通りの方法があります。

  • 「Windows Defender アンチウイルス」などのWindows10に標準搭載されているセキュリティ対策機能を利用する
  • 無償のセキュリティ対策ソフトを利用する
  • 有償のセキュリティ対策ソフトを利用する

そこで、ここでは上の3通りの方法それぞれのメリットやデメリットについて解説します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

標準搭載のセキュリティ対策機能を利用する

Windows10のセキュリティ対策には3通りの方法があります。

Windows10に標準搭載のセキュリティ対策機能「Windows Defender」は、マルウェアの検出精度も他のセキュリティ対策ソフトに引けを取らず、設定項目も少なく、基本的なセキュリティ対策には十分な機能を備えています。

ですが、利用環境によっては、機能的に足りないところとサポートが心配です。

機能的に足りないところとしては、次のような機能が挙げられます。

  • 迷惑メール、フィッシングメール対策
  • ID、パスワードの保護(パスワード管理)
  • デバイス盗難防止機能
  • マルチデバイス、マルチプラットフォームへの対応

また、Windows Defenderは、Windows10の標準機能のため、個別のサポート窓口はなく、問い合わせはWindowsの総合的なサポート窓口を利用することになり、電話やメールでの問い合わせ先も分かりにくく、サポート品質には不安があります。

そのため、標準機能だけでセキュリティ対策を行う場合、機能的に不足しているところを必要に応じて別のツールでカバーしたり、トラブルを自分で調べて自己解決できるITスキルが必要になります。

その点が問題ないなら、選択肢として「あり」です。

Windows10のセキュリティ対策はWindows Defenderだけで大丈夫?
Windows Defender(ウィンドウズ ディフェンダー)は、Windows10に標準搭載されているセキュリティ対策機能で、次の2...

無償のセキュリティ対策ソフトを利用する

無償のセキュリティ対策ソフトを利用する場合も、標準搭載のセキュリティ対策機能を利用するときと同じように、基本的なセキュリティ対策機能やマルウェアの検出精度については問題ないことが多いですが、機能的に足りないところと、サポートが心配です。

たとえば、無償のセキュリティ対策ソフトの多くは、基本的なマルウェア検出機能は無償で利用できますが、迷惑メール対策などの追加機能は有償であることが多く、そのような機能を必要とする場合は物足りなさを感じます。

また、サポート窓口が用意されていない場合がほとんどで、使い方やトラブルシューティングは、インターネット上の情報などを自分で調べる必要があります。

そのため、無償のセキュリティ対策ソフトを利用する場合も、標準搭載のセキュリティ対策機能を利用するときと同様に、機能的に不足しているところを必要に応じて別のツールでカバーしたり、トラブルを自分で調べて自己解決できるITスキルが必要になります。

その点が問題ないなら、選択肢として「あり」です。

ちなみに、無償のセキュリティ対策ソフトとしておすすめなのは、個人的には「アバスト 無料アンチウイルス」です。

「アバスト 無料アンチウイルス」は、無償のセキュリティ対策ソフトのなかでは人気があり、トラブル時の情報収集でも、比較的ネット上から情報を得やすいでしょう。

有償のセキュリティ対策ソフトを利用する

標準搭載機能や無償のセキュリティ対策ソフトでセキュリティ対策する場合は、機能的に不足しているところを必要に応じて別のツールでカバーする面倒さや、何かトラブルがあったときに自分で調べて自己解決できるITスキルが必要になります。

そう考えると、十分な機能的を備え、サポート面での安心感もある有償のセキュリティ対策ソフトを利用する方法が、もっとも多くの方におススメできます。

ちなみに、有償セキュリティ対策ソフトってどれがいいか分からないという場合は、機能面や価格面で比較検討するのもよいですが、比較検討が面倒なら人気のある製品を選択しておけばまず間違いないです。

個人的には「ESETインターネットセキュリティ」をおススメします。

Windows10でおすすめのセキュリティ対策ソフトなら「ESETインターネットセキュリティ」
自宅など、個人で利用するWindows10パソコンのセキュリティ対策をする場合、OSに標準搭載されているセキュリティ対策機能を利用する方...

あとがき

機能面やサポート面での物足りなさを自分でカバーできるなら「標準搭載のセキュリティ対策機能」や「無償のセキュリティ対策ソフト」も選択肢としてありですが、そうでないなら、有償のセキュリティ対策ソフトを利用するほうが、安全性と安心感の両方を手っ取り早く手に入れられるでしょう。

ご検討あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ