Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法

Windows10では、ローカルユーザーアカウントを作成する方法として、3通りの方法が用意されています。

そこで、ここではどのようなときにどの方法がおススメかを解説します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

「設定」アプリから作成する

もっとも一般的なのが「設定」アプリから作成する方法です。

細かなオプションは指定できませんが、サクッとローカルユーザーアカウントを作成したい場合に便利な方法です。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(設定アプリ編)
Windows10マシンに新たにローカルユーザーアカウントを作成したいとき、作成方法としては、次の3通りの方法があります。 設定...

「コンピューターの管理」から作成する

以前のWindowsからある作成方法が「管理ツール」の「コンピューターの管理」から作成する方法です。

「コンピューターの管理」からの作成では、所属グループを指定したり、パスワードの有効期限を無期限にしたりといった、細かいオプションの指定が可能です。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(コンピューターの管理編)
Windows10マシンに新たにローカルユーザーアカウントを作成したいとき、作成方法としては、次の3通りの方法があります。 設定...

コマンドで作成する

以前のWindowsでは「NET USER」コマンドで作成できましたが、パスワードを無期限にするなどの設定はできませんでした。

ですが、現在のバージョンのWindows10では、PowerShellコマンドレットからも作成が可能になっており、GUIから作成する場合に指定できる項目は、ほぼすべてコマンドレットのオプションで指定が可能となっています。

Windows10でローカルユーザーアカウントを作成する方法(コマンド編)
Windows10マシンに新たにローカルユーザーアカウントを作成したいとき、作成方法としては、次の3通りの方法があります。 設定...

あとがき

サクッと作成したいときは「設定」アプリから、細かなオプションを指定したいときは「コンピューターの管理」から、たくさんのユーザーアカウントを一括作成したいときはコマンドからなど、状況に合わせて適切な方法で作成するとよいでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る